ゴルフスイングのプレーンチェックポイントは右ヒジ

トップで右ヒジがプレーンに触れているか、近くにあれば正解

トップではクラブはプレーンから外れますが、プレーンを使って正しい位置に上がっているかチェックする方法があります。

 

トップで右ヒジがシャフトプレーンに触るか近くにあるかをチェックして、その場所に上がっていれば正解です。

 

右ヒジがプレーンよりかなり上に来ていればアップライトに上がりすぎています。

 

逆にプレーンよりかなり下にあれば、フラットになりすぎている証拠です。

 

こういう場合は、テイクアウェイの方向と右手のローテーションを再チェックしてみましょう。

ある程度の幅を許容範囲にして、その中で1本の線を目指そう

実は、トッププロでも全員がオンプレーンのスイングができているわけではありません。

 

多くのトッププロは、シャフトプレーンよりも高いところからクラブを落としています。

 

プレーンより下から落としてくるプロは少数派で、ガルシアなどが有名です。

 

クラブが上からくる場合でも、打ち抜く方向がアップライトになっているなら問題はありません。

 

つまり、ダウンとフォロー両方の軌道があっていればあまり問題がないのです。

 

シャフトプレーンはある程度の幅のある帯であると考えましょう。

 

具体的にいえば、プレーンはアドレスでできたシャフトプレーンと、トップの位置でのクラブから、シャフトプレーンに対して平行に線を引いた間がスイングプレーンになります。

 

プレーン1本の線と決め付けてしまうと、スイングが非常に窮屈になってしまいます。

 

スイング中は、この2本の線の中でクラブを振ることを目指してください。

 


【500円引きクーポン】ユピテル ゴルフスイングトレーナー GST-5GL ヘッドスピード+ボールスピード+推定飛距離+ミート率測定器

おすすめゴルフ教材

累計販売50,000部突破「ザ・ビジネスゾーン」著者


小原大二郎プロ監修7日間シングルプログラム


1年間100%全額返金保証





7日間シングルプログラム公式サイトへ









ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ


ゴルフスイングのプレーンチェックポイントは右ヒジ

ゴルフのスイングプレーンは体の右側だけにある