バックスイング1 テイク・アウェイ

ヘッドを真後ろに引きながらフェース面を開いていく

ゴルフスイング,基本,バックスイング

スイングの始動でヘッドを真後ろに引いていく動きを

テイク・アウェイと呼びます。

 

いわゆるテークバックですが、この時に注意したのがフェース面の動きです。

 

よく、フェース面をボールに向けたまま上げていくといわれますが、これは間違いです。

 

ダウンスイングで右から左にフェースが返るのとは対照的に、バックスイングでは反対方向にフェースをローテーションしていきます。

 

バックスイングではトゥ側が空を向くようにフェース面を開いていく「ローリング」を行ってください。

 

バックスイングでフェース面をボールに向け続けていると手首を正しく使う事が出来ず、トップでフェース面が真上を向く「シャット・フェース」になってしまいます。

 

トップでは、ミドルアイアンでフェース面は45度くらいを向いているようにしましょう。

 

そのための手の動きも大事ですので、しっかり覚えておいてください。

 


ダイヤコーポレーションダイヤスイング525「TR−525」「ゴルフ練習用品」【あす楽対応】

おすすめゴルフ教材

累計販売50,000部突破「ザ・ビジネスゾーン」著者


小原大二郎プロ監修7日間シングルプログラム


1年間100%全額返金保証





7日間シングルプログラム公式サイトへ









ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ