バックスイング7 大きなスイングアーク

グリップと胸との距離をトップまで大きくとる

ゴルフスイング,基本,バックスイング

ボールをより遠くに飛ばすためには、大きなスイングアークが必要不可欠です。

 

形は良くても窮屈なバックスイングをとっていたのではナイスショットは望めませんし、それによって飛距離が不足するとスコアもなかなか伸ばすことは出来ません。

 

 

 

飛距離はスコアを作っていくうえで、大きなアドバンテージになりますので、自分の最大限の飛距離を出せるようにすることが必要です。

 

最大の飛距離を得るために大切なのが、グリップと胸との距離をしっかりととることです。

 

この距離をトップまでに大きくとることが、大きなスイングアークを作ること、すなわち大きな飛距離の実現のための大切なポイントです。

 

大きなスイングアークを作るためには、バックスイングをするときに形だけに気をとられずに、グリップと体の距離をなるべく大きくとることを意識しましょう。

 

腕に力を入れてムリヤリ伸ばすのではなく、グリップが引っ張られるように気持ちよく伸びていくイメージでバックスイングしてください。

 


ゴルフ スイング専用 練習器具ロイヤルコレクションTRI-ONE STICK43/45トライワン スティック 43/45

おすすめゴルフ教材

累計販売50,000部突破「ザ・ビジネスゾーン」著者


小原大二郎プロ監修7日間シングルプログラム


1年間100%全額返金保証





7日間シングルプログラム公式サイトへ









ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ