バックスイング10 右手のローリング

トップで右手のひらを上に向ける

トップまでにフェースがオープン、またはシャットにあがってしまい、なかなかそれが直せないときには、右手のローリングを意識してみて下さい。

 

右手のローリングとは、右手を動かしながら大きくネジって、手のひらが上を向くようにバックスイングする動きのことです。

 

ほとんどのアマチュアは、この右手のローリングを行わないでクラブを上げていき、右ヒジが外に張った形でバックスイングをしています。

 

これではダウンでクラブを正しくプレーンに乗せる事はできません。

 

手のひらをトップで上に向ければ、ヒジは自然と下を向きます。

 

トップでシャフトがクロスしてしまう人も、右手のひらの向きを覚える事で、そうなる危険は大幅に軽減できます。

 


スイング加速器 ドラコンウォッチ【送料無料】

おすすめゴルフ教材

累計販売50,000部突破「ザ・ビジネスゾーン」著者


小原大二郎プロ監修7日間シングルプログラム


1年間100%全額返金保証





7日間シングルプログラム公式サイトへ









ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ