バックスイングの基本

バックスイングの基本記事一覧

バックスイング1 テイク・アウェイ

スイングの始動でヘッドを真後ろに引いていく動きをテイク・アウェイと呼びます。いわゆるテークバックですが、この時に注意したのがフェース面の動きです。よく、フェース面をボールに向けたまま上げていくといわれますが、これは間違いです。ダウンスイングで右から左にフェースが返るのとは対照的に、バックスイングでは...

≫続きを読む

バックスイング2 大きいトップを作ろう

正しい動きを理解できたら、その動きを徐々に大きくしていきます。理想的なバックスイングを「大きくて理想的なトップ」につなげていくのです。そのためのドリルをご紹介します。まず、グリップエンドをオヘソにつけて構え、バックスイングを始めます。これで、体とクラブの動きが連動する正しい動きを覚える事ができますが...

≫続きを読む

バックスイング3 フォワードプレス

完全に体が止まった状態から動き始めるのは非常に難しいことです。この状態から動き出そうとすると、どうしても手先に力が入りやすくなってしまいます。それを防ぐための動きが「フォワードプレス」になります。フォワードプレスとは、構えたところから手をやや左に押してからクラブを上げる動きのことで、フィル・ミケルソ...

≫続きを読む

バックスイング4 ハーフウェイ

スイングにはハーフ・ウェイと呼ばれるポイントがあります。バックスイングの時にシャフトが地面と平行になるまで動いた位置が、このハーフ・ウェイと呼ばれるポジションになります。このハーフ・ウェイが、バックスイングを正しく上げれているかの大事なチェックポイントになります。バックスイングがハーフ・ウェイまで上...

≫続きを読む

バックスイング5 トップ・オブ・スイング

手首が甲側に折れるとスライス伸びてしまうとフックが出やすくなりますトップでは手首の角度にも注意が必要です。トップで左の手首が甲側に折れてしまう状態を「カップ」といいます。カップになるとフェース面が地面と垂直になり、思い切り開いた状態になります。これではオープンフェースのままインパクトを迎え、スライス...

≫続きを読む

バックスイング6 体を動かす順番

しっかりグリップし、左サイド全体でクラブと腕を押し上げましょう。クラブやフェース面、手首の角度を正しい状態で動かしていくには、正しい順番で体を動かしてあげる事が大切です。では、どこから動かしていくのか・・正解は左肩です。アドレスしたら、最初に左肩を右足の上までスライドさせるのが体の動かし方の基本です...

≫続きを読む

バックスイング7 大きなスイングアーク

ボールをより遠くに飛ばすためには、大きなスイングアークが必要不可欠です。形は良くても窮屈なバックスイングをとっていたのではナイスショットは望めませんし、それによって飛距離が不足するとスコアもなかなか伸ばすことは出来ません。飛距離はスコアを作っていくうえで、大きなアドバンテージになりますので、自分の最...

≫続きを読む

バックスイング6 シャフトの向き

トップ・オブ・スイングでは、伸びた左腕とシャフトが一直線になっているのが理想です。腕とクラブがまっすぐな位置関係にあれば、そのままの形でスムーズにダウンスイングを行う事ができます。余計な動きをする必要がないので、素早くスイングプレーンにクラブを戻してくることができるのです。クラブをスイングプレーン上...

≫続きを読む

バックスイング9 コッキング

手首は甲側に折れるものウィークグリップではコッキングできません左腕とシャフトを一直線に収めるためのポイントのひとつが正しいコッキングです。コッキングとは、バックスイングで手首を正しい方向に折る動きを指します。人間の手首には関節があり、この関節が曲がるときには必ず手の甲側に折れます。したがって、正しい...

≫続きを読む

バックスイング10 右手のローリング

トップまでにフェースがオープン、またはシャットにあがってしまい、なかなかそれが直せないときには、右手のローリングを意識してみて下さい。右手のローリングとは、右手を動かしながら大きくネジって、手のひらが上を向くようにバックスイングする動きのことです。ほとんどのアマチュアは、この右手のローリングを行わな...

≫続きを読む







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,基本,バックスイング

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ