ショット力を上げる練習方法

ショット力を上げる練習方法記事一覧

ポケットを掴んで引っ張る

クラブを持たずに練習する方法をご紹介します。まず、両足を肩幅くらいに広げて、アドレスと同じ前傾姿勢をとってください。次に、右手でズボンの左ポケットを握り、右に引っ張りましょう。この場合はバックスイングを深くするイメージ練習となります。バックスイングの身体の回転量が少なく、フォローする―で身体を回すと...

≫続きを読む

コッキングのマスター方法

ここではクラブの代わりにハンガーで素振りをする練習です。ハンガーのズボンをかける部分を両手でグリップし、フックの部分を自分のほうに向けて持ちます。スライスする人は大抵トップスイングやインパクト、フォロースルーで左手首が甲側に折れています。ハンガーを持って素振りをしてみると、スイング中にハンガーのフッ...

≫続きを読む

フライパンで素振りしよう

練習場に行く時間がないという人に、自宅の庭で素振りすることを勧めます。そのスペースもないときは、室内素振り用にフライパンを活用しましょう。フライパンは面が大きいのでフェース面を意識しやすく素振りに適しています。面が大きいのはテニスラケットも同様ですが、重量の面でフライパンが最適といえます。シャフトを...

≫続きを読む

スエー防止に

これは腰のスエー防止に役立つ練習です。この練習では、腰の高さの壁の部分にガムテープを貼り、ちょうどクラブの高さと均等になる場所にマジックで印をつけておきます。壁の前に立ったときに、その印がおヘソの正面となるようにするのです。壁の前に立ち、両足を肩幅くらいに広げて、直立姿勢をとります。そして、クラブを...

≫続きを読む

割り箸を使って練習する

ミート率を上げるには、スイングの軸を安定させることが重要です。スイング軸が安定しない人にとくに多く見られる症状として、バックスイングで腰や右ヒザがスエーして状態が左に傾く、ダウンスイングで状態が突っ込んでしまう、身体が早く開いてヘッドアップする、などがあります。こうした症状を修正するには、ティーや割...

≫続きを読む

フライパンで素振りしよう②

フライパンで素振りしようで紹介したフライパン素振りの上級バージョンです。クッションを4つ折にして、両足を揃えてその上に立ちます。足場が不安定な状況を最初からつくっておくことで、スイングの軸を安定させる練習です。上体が前後左右に流れては、簡単に身体のバランスが崩れてしまいます。体重移動を使わないように...

≫続きを読む

腕の正しい動きをマスターしよう

スイングは腕を横に振るように見えますが、それは違います。コッキングのマスター方法でも説明したように、ゴルフのスイングとは腕を縦に振り、身体を横に回転させる2つの動作が合わさったものです。そこで、90切りを目指す人は腕の正しい動きを徹底マスターしておきましょう。まず、クラブを持ち通常のアドレスを取りま...

≫続きを読む

クラブを使ったボディーターン練習法

「スエー防止に」の腰の水平回転をマスターする練習とよく似ていますが、この場合は腰の後ろにクラブを当てたら、アドレスの前傾姿勢をつくり、腰をしっかりと回します。バックスイングではクラブの端がボールのほうを指すまで回し、フォロースルー以降も反対側のクラブの端がボールを指すようにします。これは、ボディター...

≫続きを読む

フィニッシュからバックスイング

バスタオルを用意し、片端を球結びします。そして、バスタオルのもう片方を持ち、最初にフィニッシュのフォームをつくります。右足のツマ先を立てて、右足の甲を目標方向に向け、体重を完全に左足に乗せます。バスタオルは自然に垂れ下がったままですが、クラブをしっかり振り切った体勢をイメージして、フィニッシュをつく...

≫続きを読む

5円玉を使った練習法

5円玉に糸を通して、キャップやサンバイザーのツバに糸を貼りつけてスイングする練習をご紹介します。この練習は、体重移動を使うより軸をできるだけ動かさないことを目的としています。割り箸を使って練習するで紹介したスイング練習方法は、体重移動を積極的に使う100ヤード以上のフルスイングの練習法ですが、この練...

≫続きを読む







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,基本,上達

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ