スイングプレーンは背骨が決める

正しいスイングプレーンに上げるには、背骨の角度が重要です

まずスイングプレーンとは、みなさんがご存知のとおりクラブを振ったときの軌道のことです。

 

スイングプレーンは、目標に向かって正確に真っ直ぐなボールを打ち出すための重要な要素です。

 

このスイングプレーンに対して正しくクラブを振るためには、正しい背骨の形を作っておくことが必要になります。

 

例えば、アドレスした時の前傾が深すぎると、クラブは正しいプレーンより上(アップライト)にしか振ることが出来ず、逆に前傾が浅すぎるとクラブは正しいプレーンより下(フラット)にしか振れなくなります。

 

なぜ、そのような現象が起きるかというと、正しいスイングをすると、左腕とクラブは背骨に対して直角に動くからです。

 

ですので、正しいプレーンでクラブを振るには、それに見合った背骨の角度が必要になるのです。

背骨を丸めると、クラブは上にも横にも上がってしまう

背骨の角度がスイングに悪い影響を与えるケースは、プロやトップアマの上級者によく見られます。

 

しかし、多くのアマチュアゴルファーは、背骨の角度より形そのものが悪い場合が非常に多く見られます。

 

背中は本来真っ直ぐに伸びているべきなのですが、実際には多くの方が背中を丸めて(猫背)で構えるアマチュアゴルファーが非常に多く見られます。

 

こうなってしまうと、クラブはプレーンをはずれてどこにでも上がっていってしまいます。

 

正しいスイングプレーンは、正しい背骨の角度と真っ直ぐに伸びた背骨がないと作れません。

 

「腕とクラブは背骨に対して動く」ということをしっかりと覚えておいて下さい。

 

 

 


【楽天日本一セール】【2013年継続モデル】ロイヤルコレクショントライワン スティック アイアン ドクターD2【ROYALCOLLECTION】TRI-ONE STICK IRON Dr.D2素振り用練習器具







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,基本,上達

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ