ゴルフクラブのセットポジション|ゴルフ上達法

ソールはフラットで、リーディングエッジは目標に向けましょう

クラブを正しくセットするのも、理想的なアドレスを作るための大切な条件です。

 

アイアンクラブはソールを地面にぴったりとつけた状態で置くと、シャフトは必ず左側に傾くように設計されています。

 

あまり知られていない事ですが、ロフト角もこの状態で測られています。

 

ですので、この正しくセットされたクラブの上体でインパクトを迎えるのが、番手ごとの正しい弾道でボールを打ち出す基本となります。

 

そのためには、ソールをしっかりと地面につけた状態でセットすることが正しいアドレスを取るための大切なポイントになります。

 

クラブフェースの向きはリーディングエッジで合わせるようにしましょう。

 

よくトップブレードで合わせてしまう人がいますが、これだとフェースは左を向いてしまい、ヒッカケ球が出やすくなってしまいます。

 

クラブの向きはリーディーンエッジで合わせるのが基本だという事を覚えておいて下さい。

 

 

 

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ