ゴルフクラブのセットポジション

ソールはフラットで、リーディングエッジは目標に向けましょう

クラブを正しくセットするのも、理想的なアドレスを作るための大切な条件です。

 

アイアンクラブはソールを地面にぴったりとつけた状態で置くと、シャフトは必ず左側に傾くように設計されています。

 

あまり知られていない事ですが、ロフト角もこの状態で測られています。

 

ですので、この正しくセットされたクラブの上体でインパクトを迎えるのが、番手ごとの正しい弾道でボールを打ち出す基本となります。

 

そのためには、ソールをしっかりと地面につけた状態でセットすることが正しいアドレスを取るための大切なポイントになります。

 

クラブフェースの向きはリーディングエッジで合わせるようにしましょう。

 

よくトップブレードで合わせてしまう人がいますが、これだとフェースは左を向いてしまい、ヒッカケ球が出やすくなってしまいます。

 

クラブの向きはリーディーンエッジで合わせるのが基本だという事を覚えておいて下さい。

 


★練習のお供に!!★練習器具×2本【理想のスイング、ストロークを実現】TARGET-TRAINING2本組 WOSS/ウォズ スティック練習器 家庭内練習器の決定版

おすすめゴルフ教材

累計販売50,000部突破「ザ・ビジネスゾーン」著者


小原大二郎プロ監修7日間シングルプログラム


1年間100%全額返金保証





7日間シングルプログラム公式サイトへ









ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ