ゴルフにおける手の構え②

背骨が右に傾いて、手は少し左に出るのが理想

グリップの握る場所を確認したら、次は正面から手の位置を確認します。

 

理想的な手の位置は、体の中央より少しだけ左の内もも側に出たところです。

 

クラブは右手を下にして握るので、背骨は自然とやや右側に傾き、左よりも右のヒザ、腰、肩が若干低くなります。

 

このように、ボールを右側から右側から見る形になれば、グリップは体の中央から少し左に自然と押し出されていきます。

 

この時のポジションが自然で理想的な手のポジションとなります。

 

 

 

右ヒジを低くすると肩の向きがスクエアになります

アドレスを横から見たときに、右肩が前に出て肩がオープンになっている方をよく見かけます。

 

原因は、右腕を伸ばして構えてしまう事にあります。

 

右腕を伸ばして構えると、右ヒジが左ヒジより高くなり、右肩が前に出たオープンな構えになってしまいます。

 

その結果、アウトサイド・イン軌道のスイングになりやすくなります。

 

正しいアドレスが取れている状態で飛球線の後方から見ると、必ず右の前腕が低く左の前腕が高くなっています。

 

右腕に力が入りやすい人は、右ヒジを意識して前腕を下げましょう。

 

こうすると、肩のラインは自動的にスクエアになります。

 

 

 







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,基本,上達

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ