ゴルフ上達に欠かせない理想的なアドレス

体重は左右均等で足の親指の付け根にかける

スタンス幅の決め方で紹介した方法でアドレスの幅を決めたら、次は実際にアドレスを作ります。

 

まず、スタンス幅を体の一番太いパーツに合わせたら、両足の裏側全体に体重をかけてしっかり立ちます。

 

その姿勢からクラブのシャフトを両手で横に握って腰の前側に当てます。

 

その時、足の股関節にシャフトが当たるようにします。

 

次にシャフトで股関節を軽く押して、お尻を後ろに張り出します。

 

こうすると、股関節を支点にして正しい前傾姿勢を取ることが出来ます。

 

この時に大切なのが、顔を下に向けないことです。目の前に鏡を置いて、自分の顔が正面に見えるくらいアゴを上げておきましょう。

 

前傾を作るとふくらはぎと太ももが張ってくるので、膝を軽く曲げて筋肉の緊張を解いてあげましょう。

 

これで理想的な姿勢が完成します。

 

体重は左右均等にかかっている状態にします。

 

つま先体重になったりカカト体重になるのは禁物です。

 

スイング中は、無駄な動きが起きないように、体重の位置が保てる範囲で体を動かすことが大切になります。

 

 

 







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,基本,上達

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ