番手別のゴルフのセットポジション

ドライバーは上体が立ち、グリップが前に出ます

ドライバーはミドルアイアンよりも長いため、アドレスをとった時の状態の起き上がりがアイアンより強くなります。

 

ドライバーで構える時にアイアンと同じ姿勢をとると、手とシャフトの角度が強くなりすぎてヘッドのトゥ側が浮いてしまい、ボールを真っ直ぐに飛ばしにくくなってしまいます。

 

基本的に、ドライバーで構えるときはアイアンより手とシャフトの角度が浅くなります。

 

グリップをミドルアイアンで構える時より少し前に出しましょう。

 

グリップの右手を離してクラブと体の距離を測るチェック方法を試すと、右手は体側にスライドするはずです。

 

その時、ドライバーのソールがしっかりと地面に密着しているか確認しておいて下さい。

サンドウェッジは前傾が深くなるため、手が前に出ない場合があります

サンドウェッジは、パターを除けばゴルフクラブの中でも一番短いクラブです。

 

そのため、ドライバーとは逆で上体の前傾はミドルアイアンより深くなります。

 

サンドウェッジで構える時は、まず最初にミドルアイアンと同じ姿勢で構えてみてください。

 

ボールを実際に打ってみて、スイングに違和感がなくボールも真っ直ぐ飛べば、その姿勢でオッケーです。

 

これは背の低く、短いクラブを自然な姿勢で打てる人によく見られます。

 

背の高い人ほど、サンドウェッジではミドルアイアンより手の位置を体の近くに持ってきたほうが違和感なくスイングでき、ボールも真っ直ぐに飛ばしやすくなります。

 

身長やクラブなどで最適な位置は微妙に変わってくるので、基本を押さえながら最適な位置を探してみてください。

 

 

 


タバタ (Tabata) トルネードスティック ショートタイプ(ハードタイプ) GV-0232SH [分類:ゴルフ練習用具 スイング練習]







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,基本,上達

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ