アドレス(ポスチャー)の基礎|ゴルフ上達法

アドレス(ポスチャー)の基礎記事一覧

ゴルフのスタンス幅の決め方

しっかりしたアドレスを作ることは、良いスイングをするための非常に大切なポイントです。アドレスには土台をしっかりとかためて高い安定性を得ると度維持に、スイングの際には体がスムーズな動きが出来る事も求められます。しっかりしていて動ききやすい。この2つの条件を満たすアドレスを作ることが、ナイスショットを放...

≫続きを読む

ゴルフ上達に欠かせない理想的なアドレス

スタンス幅の決め方で紹介した方法でアドレスの幅を決めたら、次は実際にアドレスを作ります。まず、スタンス幅を体の一番太いパーツに合わせたら、両足の裏側全体に体重をかけてしっかり立ちます。その姿勢からクラブのシャフトを両手で横に握って腰の前側に当てます。その時、足の股関節にシャフトが当たるようにします。...

≫続きを読む

ゴルフにおける手の構え①

アドレス時の手の位置は、多くのアマチュアがなかなか正しく出来ないポイントの一つです。正しい姿勢が出来たら、肩から腕の力を抜いて、自然に下がった位置でクラブを握るのがナチュラルな構えです。アマチュアの方に多いのが、腕を張りすぎてヒジが肩より前にせり出しているパターンです。これでは、スイング中に腕を柔ら...

≫続きを読む

ゴルフにおける手の構え②

グリップの握る場所を確認したら、次は正面から手の位置を確認します。理想的な手の位置は、体の中央より少しだけ左の内もも側に出たところです。クラブは右手を下にして握るので、背骨は自然とやや右側に傾き、左よりも右のヒザ、腰、肩が若干低くなります。このように、ボールを右側から右側から見る形になれば、グリップ...

≫続きを読む

ゴルフクラブのセットポジション

クラブを正しくセットするのも、理想的なアドレスを作るための大切な条件です。アイアンクラブはソールを地面にぴったりとつけた状態で置くと、シャフトは必ず左側に傾くように設計されています。あまり知られていない事ですが、ロフト角もこの状態で測られています。ですので、この正しくセットされたクラブの上体でインパ...

≫続きを読む

ゴルフの正しいアドレスを作るためのドリル

ここでは、ミドルアイアンを使って正しいアドレスを作るためのドリルを紹介します。このドリルは、7番アイアンを使って行ってください。まず、目の前でクラブを持ち上げて下さい。この時、ヘッドはノドの高さで、グリップエンドはヘソの高さに合わせます。そこから上体を前傾させます。ヒザを曲げずに、背中も張った状態で...

≫続きを読む

番手別のゴルフのセットポジション

ドライバーはミドルアイアンよりも長いため、アドレスをとった時の状態の起き上がりがアイアンより強くなります。ドライバーで構える時にアイアンと同じ姿勢をとると、手とシャフトの角度が強くなりすぎてヘッドのトゥ側が浮いてしまい、ボールを真っ直ぐに飛ばしにくくなってしまいます。基本的に、ドライバーで構えるとき...

≫続きを読む

ゴルフのアドレスはアゴを出来るだけ上げよう

よくスポーツでは「アゴを引く」と言われますが、ゴルフではアゴはなるべく上げて、ボールは下目使いで見ることを心掛けて下さい。アゴを引いてしまうと、背中が丸くなってしまうので、正しいアドレスがとれなくなってしまいます。ゴルフのアドレスを作るときには、アゴをなるべく上げて背中を真っ直ぐにすることで、よいア...

≫続きを読む

ゴルフのアドレスの最適なウエイト配分

アドレスした時のウエイト配分は50:50が理想です。しかし、正しくアドレスをとると首の位置は体の中央よりもやや右にくるので、実際には52:48くらいの割合で体重は右に多くかかります。この程度の偏りだと、感覚的にはウエイト配分は50:50くらいに感じるはずです。もし右足に体重がかかっていると感じるなら...

≫続きを読む

スイングプレーンは背骨が決める

まずスイングプレーンとは、みなさんがご存知のとおりクラブを振ったときの軌道のことです。スイングプレーンは、目標に向かって正確に真っ直ぐなボールを打ち出すための重要な要素です。このスイングプレーンに対して正しくクラブを振るためには、正しい背骨の形を作っておくことが必要になります。例えば、アドレスした時...

≫続きを読む

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ