自分のストロークのテンポを把握しよう|ゴルフ上達法

点と点をなるべく真っ直ぐ線を引く

距離感をつくるのはリズムですが、リズムを整えるにはテンポを意識するのも重要です。

 

つまりストロークのスピードで、早く引いてゆっくり下してもダメですし、ゆっくり引いて早く打つのもいけません。

 

テークバック側とフォロースルー側のリズムやスピード、振る幅を合わせなくてはならないのです。

 

どのくらいの速さならリズムが整いやすいかを知っておくことが、上達のキッカケづくりとなります。

 

もっともリズムをとりやすい85ビート(メトロノーム等で確認できます)くらいで、これにはちゃんとした理由があります。

 

スコアカードの長さくらいに話した2つの点を、「イチ、ニ」と頭の中で数えながら往復させて、できるだけ真っ直ぐな線を書き込んでみてください。

 

もっとも真っ直ぐ書きやすい速さを数字化すると大体70~90ビートになります。

 

これもパットの名手の共通点です。

 

プロトーナメントの場合は高速グリーンが多いため、パットの上手い選手は大体70ビートくらいのテンポが平均値です。

 

重いグリーンなら85~90ビートくらいになります。

 

振り幅は同じにして、グリーンの速さに合わせて、テンポを70~90ビートの間で調整しましょう。

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ