テープを使った練習法

壁にテープを貼って50センチから当てる

壁や柱に縦にテープを貼り、縦に細い線を書き込んで、50センチ離れたところから線に正確に当てる練習です。

 

これもパッティングの方向を正確にすることが目的です。

 

転がす距離が2メートル、5メートル、10メートルでも、最初の50センチを狙った方向に正確に打ち出せれば、あとはその延長だから、方向が狂うことはありません。

 

要は、テープに書き込んだ線がスパットの役割を果たしているのです。

 

実際のグリーンではボールがスパットを通り過ぎてしまうと確認が難しいのですが、こうして50センチ離れた場所から線を当てる練習をしてみると、5~6ミリでもズレがすぐにチェックできます。

 

これができるようになれば、50センチのパットが入るようになります。

 

2メートルも5メートルも入るし、10メートルの長いパットでも左右のズレがなくなります。

 

極論すれば、方向に関してはいろいろな距離を練習する必要はないのです。

 

50センチだけしっかり練習していくことで方向性が安定します。

 

7番アイアンを使ったアプローチ練習にも同じことが言えますが、これこそ時短の練習法になります。

 

その上、いつでもどこでもできる効果的な練習法なのです。







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,基本,上達

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ