視線を右足に固定|ライザップゴルフ

右足を見たままでストロークしボールを打つ

パッティングには、「カップインの音を左耳で聞け」という格言があることはよく知られています。

 

右足を見たままでボールを打つ練習はこれと一緒で、ルックアップ防止の効果があります。

 

ラインと平行に構え、フェース面を正しくセットしたら、あとは右足だけを見て、ストローク中も目線をキープします。

 

顔の向きが変わらないようにし、インパクト音を左耳で聞くのです。

 

インパクト前に顔が早くカップの方を向いてしまう「ルックアップ」と、右肩が前に出てフェースがかぶり、引っかけのミスが発生しやすくなります。

 

ショートパットで引っかけが出る人には最適の練習法です。

 

顔の向きを変えないということは、アドレスの姿勢が最後まで変わらないことに通じます。

 

ルックアップすると前傾姿勢の角度が変わり、インパクトをする前にストロークの軌道やフェースの向きに狂いが生じているのです。

 

パットがうまい選手のストロークを観察してみると、最後まで前傾姿勢の角度が崩れていないことに気付くはずです。







おすすめゴルフスクール




ライザップゴルフ



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ライザップゴルフってどうなの? TOPへ