距離感に磨きを|ゴルフ上達法

1クラブずつ距離を伸ばし、50センチ間隔に止める

距離感に磨きをかける上級練習です。

 

まず50センチ間隔に2本のビニールテープを平行に貼りましょう。

 

線の長さは50センチくらいで十分です。

 

そして、線より1クラブ離れた場所からボールを転がし、テープとテープの間に止めます。

 

1クラブなら簡単にできるでしょう。

 

次は2クラブの距離から同じ要領で転がして、1クラブずつ距離を伸ばしていきます。

 

平らなラインだけでなく、上りや下りのラインも転がしてみましょう。

 

距離が長くなってくると、テープとテープの間にとめるのがどれだけ難しいかを痛感させられるでしょう。

 

これは練習グリーンで練習する場合ですが、パターマットなら、2本のビニールテープの間隔をワングリップくらいに狭くしましょう。

 

ワングリップ離れた距離から打ち始めて、ワングリップずつ距離を伸ばしていき、自分の記録もつけておきましょう。

 

練習グリーンであれば、10メートル以上まで記録を伸ばしていけるくらいの力をつけたいものです。

 

パットの名手と呼ばれる選手の中には、1メートルジャストで止めたら次は1センチ先で止めるという具合に、1センチ単位でタッチを変える練習を積んでいる選手もいます。

 

そこまではいかなくても、タッチを重視した練習は80切りを目指す人には絶対に欠かせません。

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ