壁を使って頭の動きを抑える練習

壁に頭をおしつけて素振りしよう

ストローク中に頭が前後左右に動いて両目のラインにズレが生じると、ストロークの軌道がブレてしまいます。

 

パッティングラインに沿ってパターヘッドをストレートに振るのが一番の基本ですが、両目がパッティングラインとクロスしてしまうと、パターを正しく振れなくなってしまいます。

 

特にインパクト前に顔が早くカップに向いてしまうゴルファーが大多数で、この場合は軌道がアウトサイドインになり、ボールを左に引っかけることが多くなります。

 

そこでストローク中に頭が動かないように、頭を壁にしっかり押し当ててアドレスしましょう。

 

頭が動かないということはアドレスの両目のラインも変わらず、パッティングラインに沿ってパターを正しく振れます。

 

こうして素振りを繰り返し、感じがつかめたところで、壁際にパターマットを置き、同じように壁に頭を押しつけたままでボールを実際に打ちましょう。

 

気を付けていただきたいのが、両目をパッティングラインの真上に重ねるため、額を壁に付けるのではなく、頭頂部に近い部分をカベに付けるのがこの練習のポイントです。

おすすめゴルフ教材

累計販売50,000部突破「ザ・ビジネスゾーン」著者


小原大二郎プロ監修7日間シングルプログラム


1年間100%全額返金保証





7日間シングルプログラム公式サイトへ









ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ