フローリングでの演習法

フローリングの板目に沿ってボールを転がす

多くのアマチュアゴルファーは、自分の気づかないうちに身体を右に向いてしまうことがよくあります。

 

そこで、アライメントを取る練習として、自宅のフローリングの板目を利用して構えてみましょう。

 

板目といっても様々ですが、四角形であれば理想的です。

 

まず、ボールを転がすパッティングラインを板目に合わせてアドレスします。

 

スタンスのラインも板目にぴったり合えば最高ですが、そうでなくても板目と平行に立つことです。

 

フェースの面も板目の縦の線に合わせます。

 

右を向きやすい人は、板目に沿って構えると左を向いて構えているような感じがするでしょう。

 

ストレートラインの場合、フェース面はカップに真っ直ぐ向けますが、両足がボールから離れている分だけ、スタンスのラインはカップの左を向かなくてはいけません。

 

ショートパットは右を向きすぎることは少なくても、3~4メートル以上になるとスタンスのラインもカップの方に向けたくなり、身体全体が右を向いていることが多いので注意しましょう。

 

ちなみに、ショットのアライメントもこの延長です。







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,基本,上達

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ