コインを使った練習法|ゴルフ上達法

50センチ先にコインを置き、その上にボールを通す

コインの代わりにボールマークを使用しても構いませんが、この練習ではコインの上にボールを通過させるので、なるべく平べったい1円玉などを使いましょう。

 

部屋の中にボールを1個置き、ラインの後方側から見て打つ方向を最初に決めます。

 

そして、ボールの50センチ先のライン上に1円玉を置きます。

 

アドレスをつくるときは、フェースを1円玉に対してスクエアにセットし、ラインと平行に構えます。

 

ストロークは、1円玉の方向に正確に打ち出して、ボールを1円玉の上を通しましょう。

 

1円玉がスパット(目印)そのものであることはもうお分かりでしょう。

 

スパットを想定し、そこにフェースを真っ直ぐ向けて、スパットの上にボールを正確に通す、実戦をイメージした練習というわけです。

 

スパットのイメージを明確にすることで、アライメントが取りやすくなります。

 

パッティングでは、右に曲がるか左に曲がるか傾斜を読みストロークをしますが、そのストローク自体は、読んだライン(仮想のカップ)に向かって、距離感を合わせて真っ直ぐ打つだけです。

 

アドレスでの身体の向きと、最初の50センチの方向を間違えないことが、パット数を少なくするポイントなのです。

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ