パッティングの練習方法|ゴルフ上達法

パッティングの練習方法記事一覧

パッティングのアライメント練習

パッティングにおけるアライメントの練習法です。アライメントとは方向のことで、グリップ、アドレスと並ぶ重要な項目でありながら、ほとんどのアマチュアがチェックを忘れているのが現状です。パット数が多すぎてグリーン上で大叩きしているために100が切れないという人は、大半はアライメントのミスが原因なのです。そ...

≫続きを読む

テープを使った練習法

壁や柱に縦にテープを貼り、縦に細い線を書き込んで、50センチ離れたところから線に正確に当てる練習です。これもパッティングの方向を正確にすることが目的です。転がす距離が2メートル、5メートル、10メートルでも、最初の50センチを狙った方向に正確に打ち出せれば、あとはその延長だから、方向が狂うことはあり...

≫続きを読む

2本のガムテープを使って練習してみよう

グリーンのカップ直径は10.8センチ。直径10.4センチの一升瓶がギリギリ入る大きさです。そして市販のガムテープは幅が約5センチです。ガムテープを2本貼れば、カップの直径と同じくらいの幅となります。何メートルでもかまいませんので、自宅の床にガムテープを2本貼り、その上でボールを転がす練習をしましょう...

≫続きを読む

ドライバーをみぞおちに当てて練習しよう

パッティングのストロークを安定させるための練習をご紹介します。ドライバーのシャフトを握り、グリップエンドをみぞおちに軽く当てて構えます。そして、みぞおちを左右に小さく動かしてパターのように振ってみましょう。ストローク軌道のブレやフェースの向きに狂いがあると、インパクトでフェースが開いたり閉じたりして...

≫続きを読む

壁を使って頭の動きを抑える練習

ストローク中に頭が前後左右に動いて両目のラインにズレが生じると、ストロークの軌道がブレてしまいます。パッティングラインに沿ってパターヘッドをストレートに振るのが一番の基本ですが、両目がパッティングラインとクロスしてしまうと、パターを正しく振れなくなってしまいます。特にインパクト前に顔が早くカップに向...

≫続きを読む

コースターを使ってタッチを磨く

ここではパッティングの距離感を養う練習をご紹介します。練習グリーンやパターマットなどでは、カップがあると多少強く打っても、ガツンと入ってしまうことがあります。しかし、もしカップがなかったら、強く打ちすぎてはほとんど抵抗もなく、数メートル先まで通り過ぎてしまいます。そこでカップの代わりにコースターを使...

≫続きを読む

グリップを離して握る

両手を離してグリップすると、距離感や方向性を出しやすくなります。例えば、屈んだ姿勢でシャフトのヘッド側を右手で持ち、左手でグリップを持って、両手を極端に離して振ってみると、距離感や方向を合わせやすいことが良く分かります。長尺パターのように、両手を離して持つイメージがあるので、クラブを取り回しやすいわ...

≫続きを読む

フローリングでの演習法

多くのアマチュアゴルファーは、自分の気づかないうちに身体を右に向いてしまうことがよくあります。そこで、アライメントを取る練習として、自宅のフローリングの板目を利用して構えてみましょう。板目といっても様々ですが、四角形であれば理想的です。まず、ボールを転がすパッティングラインを板目に合わせてアドレスし...

≫続きを読む

ティーを使ってパッティング練習

パッティングの打ち出し方向を安定させる練習をご紹介します。練習グリーンであればティーを刺すといいのですが、室内で練習するなら50センチ先にティーを逆さに立てましょう。そして、50センチの距離からボールをティーに当てて、当ったら10センチ刻みで距離を伸ばしていきます。これは方向を合わせる練習なので、多...

≫続きを読む

ドライバーを額に当てて練習しよう

ドライバーを垂直に立て、グリップエンドを額に当てて固定します。ストロークの邪魔にならないようにドライバーのクラブヘッドをラインの外側に向けておきます。そして、ドライバーを倒さないようにストロークしボールを打ちましょう。これは、アドレスしたときの目線をずらさないようにする練習です。身長が180センチ以...

≫続きを読む

ショルダーターンの感覚をつかもう

ドライバーやアイアンなどのショットにおいては、身体が横に回転する動きと腕を縦に振る動きが複合します。ただし、パッティングのように振り幅が小さい場合は、肩を振り子のように動かすショルダーターンが中心です。ここで、勘違いしてはいけないのは、パッティングにおいて肩は横に回すのではなく、縦に動かすイメージが...

≫続きを読む

視線を右足に固定

パッティングには、「カップインの音を左耳で聞け」という格言があることはよく知られています。右足を見たままでボールを打つ練習はこれと一緒で、ルックアップ防止の効果があります。ラインと平行に構え、フェース面を正しくセットしたら、あとは右足だけを見て、ストローク中も目線をキープします。顔の向きが変わらない...

≫続きを読む

自分の中の距離感を引き出す

パッティングでは「距離感を合わせる」とよく言いますが、この距離感が「ない」人は絶対にいません。ただ、「忘れている」だけです。例えば、くしゃくしゃに丸めた紙を近くのゴミ箱を狙って投げる場合、ゴミ箱を見て投げますね。ゴミ箱までの距離を視覚で測り、脳からの指令で「このくらいの腕の振り幅や力加減で投げよう」...

≫続きを読む

自分のストロークのテンポを把握しよう

距離感をつくるのはリズムですが、リズムを整えるにはテンポを意識するのも重要です。つまりストロークのスピードで、早く引いてゆっくり下してもダメですし、ゆっくり引いて早く打つのもいけません。テークバック側とフォロースルー側のリズムやスピード、振る幅を合わせなくてはならないのです。どのくらいの速さならリズ...

≫続きを読む

コインを使った練習法

コインの代わりにボールマークを使用しても構いませんが、この練習ではコインの上にボールを通過させるので、なるべく平べったい1円玉などを使いましょう。部屋の中にボールを1個置き、ラインの後方側から見て打つ方向を最初に決めます。そして、ボールの50センチ先のライン上に1円玉を置きます。アドレスをつくるとき...

≫続きを読む

正座してショルダーストローク

パッティングのストロークでは、両ヒザを動かしたり、肩を横に回転させたり、手首をこねたりするのはタブーです。ところが、立ったままの姿勢では自分の気付かないうちに下半身が動いたり、手先を使ったりしがちです。そこで、パターを持たずに、正座して素振りしてみましょう。この体制でストロークしようと思えば、体幹を...

≫続きを読む

パット名手の共通点は

「パッティングに型なし」と言いますが、パットの名手のパッティングを分析すると、2つの共通点があることが分かります。それは、アイズラインとパッティングラインを重ねていることと、顔の面を地面と平行にセットしていることです。アイズラインとは両目を結ぶ線です。このアイズラインが右に傾くと肩や腰も右を向いてし...

≫続きを読む

ボールに線を引いて転がりチェック

ボールに線を書き込んで、自分がマークした場所にボールを置く際に、ボールの線をスパットやカップに向けるゴルファーが増えました。最初から細い矢印が入れてあるボールも市販されています。これは、ボールの線を利用して転がり具合をチェックする練習法です。地球儀でいう赤道に当たる一周の線を、ボールに書き込んでライ...

≫続きを読む

距離感に磨きを

距離感に磨きをかける上級練習です。まず50センチ間隔に2本のビニールテープを平行に貼りましょう。線の長さは50センチくらいで十分です。そして、線より1クラブ離れた場所からボールを転がし、テープとテープの間に止めます。1クラブなら簡単にできるでしょう。次は2クラブの距離から同じ要領で転がして、1クラブ...

≫続きを読む

得意なパットと苦手なパットを把握

例えば、フックラインを左に外したとしましょう。外した原因が、引っかけて方向のミスをしたのか、タッチが弱くて距離が合っていなかったのか。その原因分析はなかなか難しく、分からないままでいるとパッティングが不調に陥ってしまうことになります。100切りや90切りレベルのゴルファーは特にそうですが、80切りを...

≫続きを読む

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ