インパクトゾーンが短く、方向性も悪い|ゴルフ上達法

フォローでしっかりと右腕を伸ばし、右手でターゲットと握手しよう!

ゴルフスイング,基本,上達

アイアンショットは基本的にダウンブローのスイング軌道になりますが、ダウンブローはインパクトの後に、いかにフォローを長く取るかが大事なポイントになります。

 

インパクトでボールを捉えた直後のヘッドスピードが落ちるようなスイングでは、クラブを大きく振り抜いていけないからです。

 

トップを大きく取りすぎて、インパクトの前にヘッドスピードが落ちるようなスイングでは、飛距離も出ず、方向性も悪くなってしまいます。

 

では、どうすればフォローを大きくしてショットの精度を高めることが出来るかを考えてみたいと思います。

 

まず、フォローが大きくとれない原因として、右腕がしっかりと前に伸びていないことが考えられます。

 

インパクトの時に右腕が曲がったままだと、クラブが左のふところに引けてしまいます。

 

この動きを直すには、右手を目標方向にしっかりと伸ばしていくようにします。ターゲットと右手で握手するつもりで飛球方向へ右腕をしっかり伸ばしていきましょう。

 

この時に、右の手の平が上を向くのではなく、手の甲が正面を向くようしましょう。

 

こうした右腕の使い方を覚えれば、フォローを大きくとることが出来ます。目標に飛んでいこうとするクラブの動きに、右腕が引っ張られるような感覚が得られれば、右腕の正しい動きが身に付いたと考えてもいいでしょう。
はじめは意識して右腕を伸ばしても構いませんが、最終的にはクラブに右腕が引っ張られるような感覚を掴みたいところです。

 

意識しなくても、自然に右腕が伸びるようになれば、方向性は格段に安定してくるでしょう。

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ