バックスイングで軸がずれて、芯でボールをヒットできない

正しい肩の回転を身に付けよう

ゴルフスイング,基本,上達

バックスイングで肩を水平に回そうとして上体が浮き上がり、軸がブレたままスイングしている人を練習場などでよく目にします。

 

肩の回転に関して、勘違いししている人は非常に多いのですが、スイング中に肩は地面と水平に回っては行けないということを、よく覚えておいて下さい。

 

地面と水平に肩を回すということは、スイングの始動で左肩が上にあがってしまうことを意味します。そうなると、アドレス時の前傾角度も崩れてしまいます。

 

ゴルフスイングでは、肩は地面と水平に回すのではなく、背骨と直角に回すのが正解となります。

 

正しい肩の動き方を感じるには、まずはクラブを持たずに、前傾姿勢もとらないで肩を回してみましょう。これが背骨に対して直角に回っている状態ですが、そのまま腰から上体を傾けて前傾姿勢をとってみて下さい。

 

左肩が下がる分だけ、右肩が上がる動きになると思いますが、感覚としては肩が縦回転しているように感じるはずです。この動きが、背骨を軸にした正しい肩の動き方です。

 

ただし、背骨全体を軸として意識すると、軸が大きいだけにスイングが窮屈になってしまいがちなので、軸は小さな1点をイメージしましょう。

 

おすすめは、後頭部のつけ根の部分を回転の軸としてイメージする方法です。

 

テークバックから始まり、フィニッシュまで、この1点を動かさない意識でスイングするのです。

 

背骨や頭を軸としてイメージするよりも、実際にスイングしてみると違和感無く軸を感じることが出来るはずです。

 

グリップの軌道が、地面と平行になるようにまっすぐ遠くにテークバックしていくと、左肩を下げながら回転していく動きが体感できます。







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,基本,上達

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ