大きなフックが止まらない|ゴルフ上達法

体の回転と左腕のリードでスイングする

ゴルフスイング,基本,上達

フックの原因として考えられるのが、インサイド・アウトのスイング軌道です。

 

飛球線上にあるボールに対して、その内側のエリアで中から外へとクラブを振るから、フックスピンがかかるのです。

 

 

 

卓球のドライヴに例えると、ラケットを下から上、中から外へと振ると、強いスピンがかかりますが、ゴルフにおけるフックのミスも同じ理屈で起こります。

 

フックのミスの主な原因は次のとおりになります。

 

・ボールを外に置いている
・スタンスがクローズになっている
・右腕で叩きすぎている
・インパクトで細工をしてフェースがかぶって当たる
・リストターンの使い過ぎ
・右足体重で打っている
・高いティーで下から上への強いアッパー軌道で打っている

 

これらすべてがいけないとはいえませんが、ボールとクラブの密着する時間が長く、ボールを器用にとらえている点を考えれば、上級者が陥りやすいミスといえます。

 

問題は予期せぬときに起きる曲がり幅の大きなフックや、目標の左へ飛び出し、さらに急角度で左に曲がるチーピンです。コントロールが効かない球筋なだけに、致命的なミスになってスコアを崩す原因になります。

 

フックを直すにはスライスの修正で腕を使うのとは逆に、腕ではなく体の回転を中心にしたスイングをします。

 

腕の動きはあまり考えずに、ゆっくりとした体の回転に腕がつられていくようなイメージを持ちましょう。9時と3時の位置でフェースがかぶっていないかチェックし、インパクトでフェースがかぶらないように、ゆったりと大きくスイングしましょう。

 

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ