ボディーターンを意識するとスライスが出る

腕をしっかり使い、スライスを矯正する

楽天で見つけたおすすめ練習道具

 


【ふるさと納税】ゴルフ練習器具 高橋監督のZERO-PLANE[バルク](銀)&土佐カントリークラブオリジナルタオル【セット商品】【TOSACCNEW】

 


 

ゴルフスイング,基本,上達

最近のゴルフスイングはよく『ボディーターン式スイング』と言われますが、このボディーターンを意識しすぎると思わぬ落とし穴にはまります。

 

仮にあなたがスライサーだとして、そこに手に頼らず、体を大きくターンさせるスイングを取り入れたとします。

 

しかし、もしスライサーが体の回転を重視したスイングをすると、スライスは直るどころか、ますますひどいものになってしますでしょう。

 

ゴルフスイングの技術や理論は、受け手の技量によってもらたす効果が違いますが、ここにゴルフの難しさがあるのです。

 

スライサーは、ボディーターンを意識するよりも、むしろ正しい腕の使い方を覚えるべきなのです。腕をより速くシンプルに振ることがスライスを修正する大きなポイントになります。

 

というのは、スライサーはボディーターンを意識するあまり、体の回転が速くなりすぎ、手が遅れてきてフェースが開いたインパクトになっていることが多いからです。

 

スライスの2大要因は、フェースの開きとアウトサイド・インのスイング軌道になります。まして、長尺クラブを使ったりしていれば、ヘッドが遅れがちになりますますフェースが開いてスライスはひどくなります。

 

こういう場合には、腕をしっかりと伸ばし、振りを速くする意識を持ってスイングする必要があるのです。

 

 

楽天で見つけたおすすめ練習道具

 


【ふるさと納税】ゴルフ練習器具 高橋監督のZERO-PLANE[バルク](銀)&土佐カントリークラブオリジナルタオル【セット商品】【TOSACCNEW】







ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ