左腕が上手く使えない

まずは左腕の役目を理解しよう

ゴルフスイングでは、左腕はスイングのリードと方向性を出す役目をはたしています。

 

ダウンスイングでは、左腕のリードでクラブの重さを感じながら下していきますが、この時に左手首の形を変えずにアドレスの位置にクラブを戻せば、フェースは正しく目標方向を向いて戻ってきます。

 

さらに、忘れてはならない左腕のもう一つの役目は、フォローするで右腕が伸びた後に、クラブを上げていくためのリードをする役目です。

 

フォローでは、左手の親指を立てて、クラブを地面に垂直に立たせながらあげていきます。

 

こうした左腕の動きを理解するためには、左腕だけでクラブを振ってみるのがおすすめです。

 

実際のグリップと同じ位置で、左手だけでクラブを握ったら、左肩、ヒザの回転に合わせて左腕を動かします。

 

片手持ちなので大きなトップを作ることは出来ませんが、フォローにかけては左足に体重移動しながら左肩を中心にクラブを振れば、大きく腕を伸ばしていくことが出来るはずです。

 

クラブの重さを感じながら、ゆっくり大きく振り抜いて下さい。両腕でクラブを持っている時よりも、思い切った大きなアークを作ることが出来るはずです。

 

体の回転と腕の振りを同調させながら、大きなアークを描く事に集中してください。

 

インパクトの直前からフォローにかけて、左ワキが軽く絞まっていけば、体の回転と腕の振りが上手く同調している証拠です。

 

この練習で、左腕の本来の動きをマスターしてください。

 

 

 

左腕には、ダウンでスイングをリードすることと、フォローでクラブを上げていく2つの役目があります。








おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,基本,上達

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ