ナイスショットが続かない

スイングのリズムを一定にしよう

リズム感は、安定したスイングをするうえで非常に大切な要素になります。

 

スイングに一定のリズム感がないと、ボールを打るごとにスイングのタイミングが変わってしまい、安定したスイングをする事が出来ません。それではナイスショットの確率を高める事も難しくなってしまいます。

 

良く見るのが、バックススイングを勢いよく上げて、インパクト付近でボールにちゃんとヒットしたい気持ちが働いてヘッドスピードが落ちてしまうパターンで、特にスイングのリズム感が悪い人によく見られる傾向です。

 

ゴルフスイングでは、クラブを一定のスピードで振り抜いていくことが大切です。

 

途中でスピードやリズムを変えていては、安定した飛距離と方向性を求める事は出来ません。

 

TV中継などでプロのスイングを見てみても、スイングの始動からフィニッシュまでのリズムは常に一定であるはずです。

 

多くの一流プロがメトロノームを使った練習を取り入れていることも考えてみても、ゴルフスイングにおいてリズム感がいかに大切かが分かると思います。

 

リズムよくスイングするためには、スイング全体を「イーチ、ニーの、サン」の3拍子で行う方法がおすすめです。

 

「イーチ」でバックスイングを行い、「二ーの」でトップを作り、「サン」で一気にフィニッシュまでクラブを振りぬきます。

 

ただし、全てのゴルファーが同じリズムでスイングをしているわけではありません。人にはそれぞれ振りやすいリズムやタイミングがあります。

 

その振りやすいリズムやタイミングを見つけるのに効果的な練習方法が「ミドルアイアンを使った連続素振り」です。

 

スイングの形を考えずにクラブを連続で振ってると、自然と振りやすい一定のタイミングでクラブを振ることが出来るはずです。

 

このリズムをメトロノームを使って再現しながら、実際にそれに合わせてボールを打っていけば、そのうちメトロノーム無しで、特に意識することなく良いリズム感でスイングすることが出来るようになっていきます。

 

ナイスショットがなかなか続かないという人は、ぜひこの方法を試してみてください。

 

 

 

クラブを一定のリズムで振り抜くことで安定した飛距離や方向性が得られます。

 

自分に合った3拍子のスイングリズムを見つけましょう。








おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,基本,上達

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ