テークバック1 おへそを使ったフォワードプレス

スムーズなテークバックの始動の秘訣

アドレスして静止状態になってからテークバックへと始動していくとき、緊張している場面ほどタイミングをとるのが難しくなります。

 

構えたあとにどのタイミングで体のどこから始動させたらいいのか、クラブをどう動かしていくのかのタイミングがとれず、アドレスの時間が長くなれば長くなるほど、肩や腕に余計な力が入ってしまいます。

 

静から動へのタイミングを自分で切り替えるのは、思っている以上に難しいものです。

 

いきなりクラブを動かしてテークバックに入っていくのではなく、最初にクラブを左に少しだけ動かして反動をつけてあげると、スムーズにスイングを始めることができます。

 

この動きがいわゆるフォワードプレスです。

 

ますは、体の中心にあるおヘソをいったん左に向けてから体を右に回し始めます。これが、おヘソを使ったフォワードプレスです。

 

フォワードプレスの意味は、直訳すれば「前に出す」です。つまり、体をいったん前(左)に押し出してから引くということです。

 

反動をつけるのも、体を揺らすほどではなく、わずかにおヘソを左に向ける程度です。そうすると、体の右サイドを締める感覚を得ることができます。

 

テークバックでは右サイドのゆるみは厳禁ですが、始動のきっかけであるおヘソのフォワードプレスで右サイドをあらかじめ固めておくことができます。

 

腕、手、左肩、左サイド、クラブを一緒に始動させようとすると、逆に動きがバラバラになり、なかなか動き始めるタイミングをつかめません。

 

体の中心にあるおヘソに意識を集中させることで、スムーズにスイングを始めることができるようになります。

 

 

 

フォワードプレスでいったん反動をつけることで、タイミングの掴みづらいスイングの始動をスムーズに行えるようになります。


 


ゴルフ スイング専用 練習器具ロイヤルコレクションTRI-ONE STICK43/45トライワン スティック 43/45

おすすめゴルフ教材

累計販売50,000部突破「ザ・ビジネスゾーン」著者


小原大二郎プロ監修7日間シングルプログラム


1年間100%全額返金保証





7日間シングルプログラム公式サイトへ









ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ