テークバック② ヘッドは低く長く引くことを心掛ける|ゴルフ上達法

飛球線と平行にクラブを引けば、体の捻転が大きくなります

テークバックのクラブの動きには、縦と横の2種類あります。まず、まっすぐ後ろ(横)に引きながら、次第にクラブを上げていく(縦)のがバックスイングの動きです。

 

初めはクラブは横に引き、限界がくるとクラブは縦に動いていきます。そうすれば、オンプレーンの軌道に乗せることができ、正しいスイング軌道を描くことができます。

 

よくある失敗が、いきなりクラブを上げてバックスイングしてしまうケースです。

 

手首を使い、ヘッドを急激に高い位置に上げてしまうと、スイングが小さくなってしまいます。これは、いわゆる担ぎ上げをいう方法で、クラブを担ぎ上げるような小さいトップになってしまいます。

 

さらに、クラブをいきなり手で上げると、反動で左肩が落ちてしまうというデメリットもあります。

 

スイングの始動直後は、ヘッドを低く長く引きましょう。アドレス時の手首の角度を保ったまま、リストが右ヒザの前にくるまで、まっすぐに右にクラブを引きます。この時、フェースはボールに向いた状態をキープしてください。

 

意識としては、右腕を伸ばしてヘッドを地面すれすれに動かし、芝をこすっていく感じです。そのくらいの感覚でクラブを引かないと、なかなかヘッドを低いところで引いていくことはできずに、すぐに上がってしまうでしょう。

 

 

クラブを低く長く引く動作は、手だけで操作するのではなく、自分のおヘソを右に向けて体も一緒に回していくのが正しい動きです。

 

体を回せば、腕を体の動きが一致して、バランスのよいテークバックを行うことができます。ヘッドの動く最初の50cmくらいは、ゆっくり大きく右にまっすぐ引いていきます。

 

タイミングを大切にして、決してあわてず、ゆっくりクラブを動かしていくことを心掛けましょう。

 

 

 

テークバックは、ゆっくり大きくクラブを引くのが基本です。 

 

腕だけでなく、背骨を中心に体全体を回転させていく意識をもちましょう。


 

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ