インパクト 左腰を先行させて下半身リード

左腰だけ先行するのが正しいインパクト

ゴルフスイング,ドライバー

ゴルフのスイングにおいて、「インパクトはアドレスの再現」だという言葉を良く聞きます。

 

これはある意味で正しく、クラブヘッドがアドレスで構えた位置に戻ってくれば、たしかにクラブの芯でボールを捉えてインパクトすることができ、ボールをまっすぐに飛ばすことができます。

 

理屈でいえば正しいことなのですが、これに飛距離という要素を付け加えて場合には、細かい部分でインパクトはアドレスの再現ではなくなってきます。

 

もし、正しいインパクトがアドレスの再現ならば、インパクトの瞬間に体は完全に正面を向いているはずです。

 

しかし厳密にいえば、この状態は正しいインパクトではありません。

 

正しいインパクトでは、両肩は正面を向いて、腕もアドレスの位置に戻っていますが、左腰はアドレスの位置よりも若干目標方向に向かって開いているはずです。この状態が下半身リードができている正しいインパクトの形になります。

 

ゴルフにおいて、飛距離と方向性を両立してスイングをするには、左サイドの下半身がスイングをリードすることが必須条件なのです。

 

さらに、アマチュアゴルファーの多くがこのインパクトの形にこだわり過ぎる傾向にありますが、ゴルフスイングとは流れのある一連の動きであり、インパクト自体は、あくまでもスイングのひとつの通過地点であると認識しておくことが大切です。

 

 

 

インパクトでは、肩と腕はアドレスの形を再現しますが、下半身は左腰がやや先行し、
すでに目標方向に向き始めているのが正しい形です。


 


ゴルフスイング練習器具 藤田寛之プロ共同開発!藤田コアスイング タバタ GV-0233 空気抵抗を感じながら安定したスイング軸を鍛える素振り用練習器具 ゴルフ用品/練習器具(スイング練習器) 【メーカー取寄】

おすすめゴルフ教材

累計販売50,000部突破「ザ・ビジネスゾーン」著者


小原大二郎プロ監修7日間シングルプログラム


1年間100%全額返金保証





7日間シングルプログラム公式サイトへ









ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ