ダウンスイング⑤ ヘッドを力強く走らせよう|ゴルフ上達法

クラブを目標方向へ放り投げるような意識をもちましょう。

ゴルフスイング,ドライバー

現在の主流のゴルフスイングでは、右腕を積極的に使って飛距離と方向性を出していきますが、この右腕を上手く使えていないケースが非常に多く目立ちます。

 

右腕はダウンからインパクトにかけて伸ばして、フォローでは大きく前に伸ばしていくように使っていくのが正解です。しかし、テークバックでは遠くに上げれても、フォローになるとなかなか伸ばせないものです。

 

さらに、ボールを上げたいとか、飛距離ほしさにボールを強く叩こうとする意識が働くと、右腕は伸びるどころかさらに縮こまってしまい、ヒジの引けたちいさなフォローになってしまいます。

 

その結果、クラブがインサイドに引けてしまい、左右へのミスショットや飛距離のロスにつながってしまうのです。

 

大きな飛距離と正確な方向性を生み出すためには、この右腕をいかに上手く使うかが重要なポイントになってきます。

 

右腕を正しく使うには、ダウンスイングの段階で少しずつ腕をリリースしていき、右ヒジが右ヒザの前にきたあたりから、インパクト→フォローにかけて右手を目標方向に大きく伸ばしていくようにします。

 

腰のターンに合わせて、右ヒジを伸ばして、右手を目標方向に送り出すような意識を持ってください。

 

そのときに、9時の位置でクラブヘッドのトゥが真上を向くように腕をローリングさせていきましょう。腕をローリングさせないでそのままフォローをとろうとすると左ヒジが引けてしまいます。

 

大きなフォローを作るには、インパクト後はクラブを目標方向へ放り投げるような意識をもって、右腕を大きく前に押し出す必要があります。

 

野球もボールを右手だけでフック回転をかけながら下手投げするような要領です。実際に野球ボールを投げてみると感覚が掴みやすいので、ぜひ一度試してみてください。もちろん、正面に向かってなげるのではなく、あくまでもゴルフスイングのように体を使ってボールを投げるようにしてください。

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ