ダウンスイング④ パワーをロスなくボールに伝えるには

左ヒザを正面に向けて「左の壁」をつくる

ゴルフスイング,ドライバー

ゴルフスイングにおいてよく「左の壁を感じること」が大切だということを聞きます。

 

この左の壁を感じるためのドリルが左足を正面に向けたまま素振りをするドリルです。

 

左ヒザを正面に向けたまま素振りでフィニッシュまでクラブを振り抜くと、とくに左の壁を意識しなくても左の腰から太もも、さらにヒザにかけて張りを感じるはずです。

 

この左サイドで感じる張りこそが、「左の壁」の正体です。

 

ゴルフスイングでは、体とヘッドを一緒に左にターンされるのではなく、左ヒザを正面に向け続けることでヘッドを走らせることができます。左足を流さずに右サイドの力を受け止めることによって、左の壁を作ることができるのです。

 

左ヒザを正面に向け続けることで左の壁ができ、腕やクラブが勢いよくリリースされます。インパクトまで手がクラブをリードしていたのが、左サイドに壁を作ることによって、インパクトからフォローにかけてクラブヘッドが腕を追い抜き、ヘッドを走らせることができるのです。

 

左足を止めて壁を作るには、トップの切り返しで下半身先行の踏込を行います。ここで左足の親指のつけ根に体重をかけるように踏み込んで、左ヒザの向きを変えないように意識しながら腰を切り始めます。右サイドのパワーで左足の裏がめくれて地面からはなれないように踏ん張れば、左サイドに壁ができます。

 

最初のうちは左足が地面から浮かないように意識すると、スイングがぎこちなく感じるかもしれませんが、意識して続けていくことで無意識でも左サイドの壁を作ることができるようになるので、根気よくこの意識をもって練習してみてください。

 

 

 

左ヒザを正面に向けたままにして開かなければ、右サイドからの力を受け止めることができ、ヘッドを走らせることができます。








おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,ドライバー

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ