トップ・オブ・スイング シャフトの向きが方向性を決める

トップでシャフトが飛球線と平行ならボールはまっすぐ飛ぶ

ゴルフスイングの中で、トップの位置は「第2のアドレス」と呼ばれるほど重要なポイントになります。

 

このトップの位置にはいくつかのチェックポイントがありますが、
もっとも重要なのがクラブが飛球線と水平であるということです。

 

これをスクエア・ポイントと呼びますが、トップではシャフトが飛球線、地面の両方と平行になり、クラブ全体がターゲット方向を指すのが、もっともクセのない正しいトップです。

 

トップでよくする失敗が、ターゲットに対してシャフトが右側を指して、クラブが飛球線と交差するクロスと呼ばれる動きです。

 

クロスになるとフェースは下を向きます。さらに左手の手首が甲側に折れ曲がり、完全なオーバースイングになってしまいます。

 

このままの形でクラブをそのまま振り下ろすと、インサイド・アウトの軌道になりスライスのミスが多くなってしまいます。

 

トップでクラブが目標線とクロスするほど、無理に大きく上げる必要はまったくありません。

 

左肩がしっかりと入り、クラブが飛球線、地面の両方と平行になる正しいトップが作れれば、多少手が低いフラットなスイングでも十分な飛距離を出すことはできます。







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,ドライバー

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ