ドライバー&フェアウェイウッドのスイング|ゴルフ上達法

ドライバー&フェアウェイウッドのスイング記事一覧

テークバック1 おへそを使ったフォワードプレス

アドレスして静止状態になってからテークバックへと始動していくとき、緊張している場面ほどタイミングをとるのが難しくなります。構えたあとにどのタイミングで体のどこから始動させたらいいのか、クラブをどう動かしていくのかのタイミングがとれず、アドレスの時間が長くなれば長くなるほど、肩や腕に余計な力が入ってし...

≫続きを読む

テークバック② ヘッドは低く長く引くことを心掛ける

テークバックのクラブの動きには、縦と横の2種類あります。まず、まっすぐ後ろ(横)に引きながら、次第にクラブを上げていく(縦)のがバックスイングの動きです。初めはクラブは横に引き、限界がくるとクラブは縦に動いていきます。そうすれば、オンプレーンの軌道に乗せることができ、正しいスイング軌道を描くことがで...

≫続きを読む

バックスイング① 正しい軌道かのチェック

バックスイングでは、いかに両腕と体が一致した動きが出来ているかが大きなポイントになります。器用な手だけでクラブを上げていくと、必ず左手がロールしてフェースが開いてしまいます。シャフトが左腰の位置で水平になる9時のポジションで、フェースの向きを確認してみてください。フェースが空を向いていたら、開いてし...

≫続きを読む

バックスイング② 右ヒジをたたむポイント

ショットの安定性を求めるあまり、スイングを始めると同時に右ヒジをたたんで、右ワキを固めながらバックスイングをする人がよくいますが、これではスイング全体が小さくなり、飛距離が出なくなってしまいます。クラブ性能の向上に伴い、現在のゴルフスイングは右ヒジを伸ばした状態でテークバックするのが主流になっていま...

≫続きを読む

バックスイング③ トップでは体重の受け止める位置

バックスイングは、飛球線後方にできる限り大きなアークを描くことが大切です。ボールから遠ざかるのを怖れていては、クラブを大きくまっすぐに引く事ができません。迷いや不安が大きいほどバックスイングは小さくなってしまうが、それが逆にスイングに悪影響を及ぼします。スイングのが乱れたり崩れたりしていると感じたと...

≫続きを読む

トップ・オブ・スイング シャフトの向きが方向性を決める

ゴルフスイングの中で、トップの位置は「第2のアドレス」と呼ばれるほど重要なポイントになります。このトップの位置にはいくつかのチェックポイントがありますが、もっとも重要なのがクラブが飛球線と水平であるということです。これをスクエア・ポイントと呼びますが、トップではシャフトが飛球線、地面の両方と平行にな...

≫続きを読む

ダウンスイング① ダウンスイングの始動は下半身から

ダウンスイングは下半身から始動するのが基本中の基本です。しかし、実際におおくのアマチュアゴルファーは、ダウンを上手く下半身でリードすることが出来ずに、右肩や右腰、右手など体も右サイドが最初に動いてしまっています。せっかく形もバランスもよいトップを作りながらもミスショットが多いのは、ダウンの始動を右サ...

≫続きを読む

ダウンスイング② 右手首の角度を維持して腕を伸ばす

トップでの手首の角度を維持しながら、伸ばされた左腕のリードで、右腕の力を利用してクラブの振り下ろしてくるのが正しいダウンスイングになります。右腕を体の近くを通るように意識すると、右ワキも軽く締まります。そのまま右腕を伸ばし始めることが出来れば、右腕の力をインパクトからフォローにかけて使い切ることがで...

≫続きを読む

ダウンスイング③ 腕の振りと体の回転を同調

体の回転するパワーを手からクラブヘッドに上手く伝えるのがゴルフスイングです。しかし、実際には腕の動きを体の回転がうまく同調しないで、それぞれがバラバラの動きをしているため安定感のないスイングになってしまっている人が多いのが現実です。このテーマをいかにして解決するかが、ゴルフ上達のカギになります。それ...

≫続きを読む

ダウンスイング④ パワーをロスなくボールに伝えるには

ゴルフスイングにおいてよく「左の壁を感じること」が大切だということを聞きます。この左の壁を感じるためのドリルが左足を正面に向けたまま素振りをするドリルです。左ヒザを正面に向けたまま素振りでフィニッシュまでクラブを振り抜くと、とくに左の壁を意識しなくても左の腰から太もも、さらにヒザにかけて張りを感じる...

≫続きを読む

ダウンスイング⑤ ヘッドを力強く走らせよう

現在の主流のゴルフスイングでは、右腕を積極的に使って飛距離と方向性を出していきますが、この右腕を上手く使えていないケースが非常に多く目立ちます。右腕はダウンからインパクトにかけて伸ばして、フォローでは大きく前に伸ばしていくように使っていくのが正解です。しかし、テークバックでは遠くに上げれても、フォロ...

≫続きを読む

インパクト 左腰を先行させて下半身リード

ゴルフのスイングにおいて、「インパクトはアドレスの再現」だという言葉を良く聞きます。これはある意味で正しく、クラブヘッドがアドレスで構えた位置に戻ってくれば、たしかにクラブの芯でボールを捉えてインパクトすることができ、ボールをまっすぐに飛ばすことができます。理屈でいえば正しいことなのですが、これに飛...

≫続きを読む

フォロースルー① 大きなフォローを作るには

インパクトまでは、アドレスでクラブをグリップしたときに出来た右手首の角度を保ちながらスイングします。この形が崩れて、逆に内側に折れた形になってしまうと、さまざまなミスが出始めます。多くの場合は、ボールを手ですくいあげるような形になり、ヘッドが前へ出ずにボールを弾き飛ばすような、いわゆるタメのある飛ば...

≫続きを読む

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ