右腕のパワーを使い切る|ゴルフ上達法

右腕のパワーをフォローまでに使い切ろう!

ゴルフスイングでは、左手が重要視され、逆に右手は邪魔者とされてきました。

 

しかし、多くの人は右利きであり、それだけ右手が器用でパワーもあるということになります。

 

この右腕を使わない手はありません。これからのスイングでは、この右手を効果的に使うことを考えたほうがよいでしょう。

 

一昔前までのスイングは、トップで作ったコックをほどかずに、左手でクラブをボールに向かって直線的に下していく「レートヒット理論」が主流でした。

 

これは、コックをほどかずにインパクトで一気にパワーを解放する手の使い方をするため、器用な右手を使いすぎるとヘッドが返りすぎる危険性がありました。

 

そのため、左手のリードを率先して、右手に余計な仕事をさせないようにしていたのです。

 

しかし、現在はゴルフクラブの性能も格段にアップし、インパクトでパワーを集中させなくても、スイングの流れをよくするだけで十分な飛距離を出すことができるようになりました。

 

つまり、スイング中に必要以上の細工をする必要がなくなったのです。

 

それにより、右手を効果的に使うことができるようになった訳ですが、具体的な使い方としては、トップからインパクト、フォローにかけて右腕をしっかりと伸ばしていくのが効果的な使い方です。

 

釣りをする人は分かると思いますが、投げ釣りをするときに、餌を遠くに飛ばすときの腕の使い方に似ています。

 

インパクトの状態で、右腕が大きく曲がっているようでは、効率よく右腕の力は使えていないことになります。

 

トップの位置でたたまれている右腕を、切り返しの瞬間から遠心力にまかせて伸ばし始めるようにしましょう。

 

それによって、フォローで右腕がしっかりと伸びていき、飛距離もさらに伸ばすことができるのです。

 

 

 

右腕のパワーを使い切るためにも、トップでたたまれた腕を

 

インパクトからフォローにかけて伸ばし切るイメージでスイングをしましょう


おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ


右腕のパワーを使い切る

なぜ手打ちでは飛ばないのか
ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイドでは、ゴルフ上達のための基本技術やスキルアップのための練習方法など幅広く紹介していきます。
飛距離のカギはヘッドスピード
ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイドでは、ゴルフ上達のための基本技術やスキルアップのための練習方法など幅広く紹介していきます。
自分のスイングタイプを知ろう
ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイドでは、ゴルフ上達のための基本技術やスキルアップのための練習方法など幅広く紹介していきます。
体重は右に残る
ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイドでは、ゴルフ上達のための基本技術やスキルアップのための練習方法など幅広く紹介していきます。
腕や肩の力みは厳禁
ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイドでは、ゴルフ上達のための基本技術やスキルアップのための練習方法など幅広く紹介していきます。
腕と体の動きを一致させる
ゴルフ上達法・練習法パーフェクトガイドでは、ゴルフ上達のための基本技術やスキルアップのための練習方法など幅広く紹介していきます。
足を使いすぎるとスイングが緩む
構える手順をいつも一定にすることがゴルフ上達の近道
アドレスしたときのベストバランス
ドライバーはアッパー軌道で飛ばす
体とボールの正しい間隔は