アドレスしたときのベストバランス

ベストはジャンプして着地したときのバランス

スイングは軸回転です。まっすぐに伸ばした背骨を中心軸として体を回転させます。この動きができれば、再現性の高いスイングをすることができます。

 

いつも同じ軌道でクラブを振るという根底をなすのが、軸がいつも固定させているということです。

 

ところが、この軸は不自然に傾いてしまったりズレて壊れたりしやすいものです。まっすぐに直立した姿勢をわずかに前傾させてのがアドレスの正しい姿勢ですが、実際には右や左、前後とあらゆる方向に傾きやすい姿勢でもあります。

 

自信がなければ背筋が丸くなって軸がゆがんでしまうし、ボールを上げたいと思えば軸は極端に右に傾き、右肩下がりのアドレスになってしまいます。

 

こうした軸の傾きを直すには、アドレスを作ってから、その姿勢のままその場でジャンプします。そのまま両ヒザをクッションさせて着地すれば、両足に体重が均等にかかった姿勢になります。

 

体重が均等に配分されれば、軸は傾いていない証拠です。軸が傾いているときは、その場で軽くジャンプしてみるようにしましょう。これでまっすぐでニュートラルな姿勢になることができます。

 

なんの感情も入らずに自然に立ったときの姿勢が、一番簡単にできる正しいアドレスの姿勢なのです。

 

 

管理人・翔のおすすめ練習道具