ドライバー&FWショットの基本

ドライバー&FWショットの基本記事一覧

なぜ手打ちでは飛ばないのか

スイングとは何か?その答えは一言でいうと「軸回転」ということになります。「クラブを腕で振る」や「ボールを手で打つ」という答えも間違いではありません。しかし、特にこれからゴルフを始めようとする初心者の方は「スイングとは回転運動である」というイメージを強く持つことオススメします。ボールが目の前にあると、...

≫続きを読む

飛距離のカギはヘッドスピード

今よりも飛距離を1ヤードでも伸ばしたいというのは、全てのゴルファーにある欲求だと思います。では、どのようにして飛距離を上げるか・・考えられる方法としては、スイングアークを大きくするかヘッドスピードを上げるかですが、おススメなのが後者のヘッドスピードを上げる方法です。しかし、アマチュアゴルファーが無理...

≫続きを読む

右腕のパワーを使い切る

ゴルフスイングでは、左手が重要視され、逆に右手は邪魔者とされてきました。しかし、多くの人は右利きであり、それだけ右手が器用でパワーもあるということになります。この右腕を使わない手はありません。これからのスイングでは、この右手を効果的に使うことを考えたほうがよいでしょう。一昔前までのスイングは、トップ...

≫続きを読む

自分のスイングタイプを知ろう

ゴルフファーのタイプは体型や年齢、性別やハンディキャップなどでいろいろな分類に分けられますが、スイングにも同じことがいえます。パワーに頼らず、タイミングを優先させるスインガータイプ体のバネを利用して、パワーでボールを叩きにいくヒッターゴルフのスイングはこの2つのいずれかに分類されます。スイングの追求...

≫続きを読む

体重は右に残る

自分の体重がしっかりと乗ったボールは、軽くクラブを振っているように見えても意外なほど飛んでいくものです。では、この「体重の乗ったボール」とは具体的にどのようなものなのでしょう。ゴルフ以外の球技にもたびたび用いられる表現ですが、感覚的なものだけにいまいち掴みにくい表現でもあります。ゴルフでこの体重のの...

≫続きを読む

腕や肩の力みは厳禁

飛距離を出そうとすれば両腕や肩に力が入ってしまいます。これは自然な反応なのですが、このことがかえって飛距離をロスする原因になってしまいます。腕や肩に力が入ることで飛距離をロスするもっとも大きな理由は、腕が縮こまってしまうことにあります。重たいものを持ち上げる時などは、腕に力を入れてヒジを曲げ、ものを...

≫続きを読む

腕と体の動きを一致させる

再現性の高いスイングをするためには、体の動きに中心軸があることが必要です。この中心軸とは背骨のことで、背骨を1本の軸として体を回転させていくのがゴルフのスイングの基本です。ゴルフは野球などほかの球技とは違って、静止したボールを打つスポーツなので、必ず動きの中心になる部分が必要で、それが自分の背骨なの...

≫続きを読む

足を使いすぎるとスイングが緩む

スイング中に下半身をどのように使うかは、ゴルフスイングにおいて大きなテーマです。理想は柔らかいフットワークで、ダイナミックかつバランスの良いスイングですが、多くのアマチュアゴルファーは足の動きばかりが過剰になって腕が振れなくなったり、下半身の上下運動が激しくなって、芯でボールをとらえる確率が低くなっ...

≫続きを読む

構える手順をいつも一定にすることがゴルフ上達の近道

アドレスに入る手順は人それぞれですが、共通しているのが、つねに一定の動作で行うプレショット・ルーティーンです。スイングそのものが大事なのはいうまでもありませんが、このプレショット・ルーティーンもショットの成功率を高めるのに絶大な効果を発揮します。プレショット・ルーティーンには打つ前の動作を一定にする...

≫続きを読む

アドレスしたときのベストバランス

スイングは軸回転です。まっすぐに伸ばした背骨を中心軸として体を回転させます。この動きができれば、再現性の高いスイングをすることができます。いつも同じ軌道でクラブを振るという根底をなすのが、軸がいつも固定させているということです。ところが、この軸は不自然に傾いてしまったりズレて壊れたりしやすいものです...

≫続きを読む

ドライバーはアッパー軌道で飛ばす

ドライバーショットのインパクトはアッパー軌道で迎えるのが基本です。ヘッドがスイングの円の最下点を通過し、わずかに上昇し始めたくらいでの軌道でティーアップしたボールを捉えるのが、もっとも飛距離の出るインパクトです。ドライバーでボールをアッパー軌道で捉えるには、アドレスした時点でその準備をしておく必要が...

≫続きを読む

体とボールの正しい間隔は

体とボールの間隔が正しい関係にあるかを見る目安が、グリップエンドとおへそとの距離です。グリップエンドとおへその間に握りこぶし1個半~2個入るくらいが体とボールとの適切な間隔です。リストの位置でいえば、ちょうど自分のアゴの真下か、やや前に出た位置になります。右腕は地面に対して垂直から、やや前に出た斜め...

≫続きを読む







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,ドライバー

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ