ジュニアのクラブ選びは特に慎重に

ジュニアのクラブを選ぶ時は大人以上に注意が必要!

ここ10年ほどの間で若い世代のゴルファーがプロの世界に飛び出し、活躍しています。特に高校生でプロのトーナメントに優勝した石川遼や宮里藍などの影響で、ジュニアゴルファーの人口は急激に伸びてきています。

 

ゴルフの将来を考えると、とても喜ばしく、歓迎すべきことではあり、現在のジュニアゴルファーの中から将来は世界に羽ばたき、やがてはメジャーチャンピオンが生まれるのでは・・と考えると今からワクワクしてきます。

 

中には小学生以下の子供たちが真剣にゴルフに取り組んでいることもありますが、そういう子供たちを見ると、ちょっと心配になることもあります。

 

それはずばり、子供たちの多くが自分の身長や体力に見合わない、重く長いクラブを使っているケースが非常に多いという点です。

 

頭が柔らかく、教えられたことをスポンジのようにどんどん吸収する子供たちがゴルフに触れあう時期が早ければ早いほどゴルフの上達も目覚ましいものがあります。

 

しかし、そんな時期だからこそ、正しいクラブを使いスイングを覚えるということは、ジュニアゴルファーの将来を決めかねない非常に重要なポイントになってくるのです。

 

中でも多く見られるのが、大人用にクラブを身長に合わせて切っただけのクラブを使っているジュニアゴルファーです。

 

これは、子供たちにとって将来良いスイングを身につける上で絶対にしてはいけないことなのです。

 

これでは、長さが良くてもどうしても重たいクラブでスイングを覚えてしまうことになります。

 

重たすぎるクラブでスイングを覚えると、正しいコックを使えずに引きずるようなテークバックになり、トップではクラブのヘッドが垂れ下がるようなオーバースイングになってしまいます。さらにダウンでは、体の反動で体が反り返るようなスイングになってしまい、まだ体が出来上がっていないジュニアゴルファーには大きな負担になってしまいます。

 

こうしたクセは大人になってもなかなか抜けないもので、これが、将来のジュニアゴルファーのレベルアップを妨げる原因になってしまうのです。

 

将来の日本のゴルフを背負って立つかもしれないジュニアたちの為にも、子供の時期から正しいクラブを選ぶことは、非常に大切なことなのです。







おすすめゴルフ教材

ゴルフ上達法,練習法

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ