テークバックの始動はテコの原理を利用する

スイングの始動はグリップエンドから

ゴルフスイング,基本,上達

テークバックの際、1番大切なポイントは、クラブヘッドが行きたがる方向に勝手にいかせることです。

 

その動きを掴むためにワッグルショットで打つ練習も有効ですが、テークバックの始動の際にグリップエンドから動かす方法も有効です。

 

グリップエンドから動かすと、グリッププレッシャーはそれほど強くなりませんし、リストワークが柔軟に働くのでクラブヘッドが自然に動きやすくなります。

 

クラブヘッドを先に動かそうとすると、グリッププレッシャーが急激に強まったり、いきなりインサイドに低く動かしたりしてしまいがちになります。

 

グリップエンドよりクラブヘッドからスタートするのが正解と思っている人が多いのですが、実際にはテークバックの軌道が不安定になりやすくなります。

 

その点、グリップエンド側からテークバックを始動するとクラブの重さを感じやすくなり、一見クラブヘッドが波打つように見えても、テークバックの軌道が安定するのです。

 

コックが大切という人もいますが、あまり意識しすぎてもスムーズなリストワークが身に付きにくくなります。まずはクラブの重さを自然に感じ取れるようになってください。

 

テークバックはテコの原理で左手を押し下げる

 

テークバックの始動は、「テコの原理」を利用します。つまり、正しいコッキングをするには、右手と左手を逆方向に動かす必要があるのです。

 

アドレスの姿勢を作り、右手はそのままにして左手をグリップエンドに添えてください。そして、そのまま左手を真下に押し下げてみましょう。

 

すると、意図的にコックを使おうとしたり、体を回さなくてもクラブが勝手に上がっていくのが分かります。

 

これが、テークバックの正しい始動になります。左手を真下に押し下げる動きでテークバックをスタートすれば、自然に左肩が下がり、テコの原理で手首がコッキングされるのです。

 

縦コックでも横コックでも、両手首を同じ方向に動かそうとしたり、両手でクラブを持ち上げようとするところに、間違った動きが発生する原因が潜んでいます。

 

体を回そうとするとクラブがインサイドに低く上がりすぎてしまいますし、両手で持ち上げると上体が起きやすくなります。

 

振り幅の小さなアプローチショットでも、重心移動は発生します。ドライバーやアイアンのフルショットほどの体重移動はなくても、ミニマムの体重移動を使って打つのですが、テークバックの始動が間違っていると、重心のコントロールが難しくなります。

 

アプローチショットで最初に覚えるべきことは、まず手元を動かすことです。手元から先に動かすと、テークバックの始動でフェースが開閉しにくくなるので、重心がブレずにクラブを上げられます。そこからスクエアなフェース使いを覚えましょう。

 

テークバックの始動はテコの原理で左手を押し下げる。これを意識すると結果的にクラブヘッドから始動するように見えますが、実際にはグリップエンド側から始動しているのだと常に意識しておいてください。

 







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,基本,上達

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ