クラブの重さを感じることで手の間隔を最大限に活かす|ゴルフ上達法

クラブの重さを活かして手の感覚を活かしたアプローチを

ゴルフスイング,基本,上達

アプローチショットに臨む際、手首を完全に固めてノーコックで打つ人がかなり多いと思います。これも一つの方法として、否定しているわけではありません。しかし、コックを使うことでアプローチショットの精度をさらに高めることもできるため、両方の打ち方ができるのに越したことはないのです。

 

ノーコックでアプローチを打っている人も、片手でアプローチをするときは無意識にコックを入れています。しかし、両手でクラブを持つとクラブの重さが感じにくくなります。結果的に自分の感覚を完全に消して、クラブの重さを完全にコントロールしようとノーコックで打ったつもりが、逆にインパクトゾーンを短くしてしまっている可能性があるのです。

 

アプローチがうまい人がよく「手の感覚を活かす」と口にしますが、それはクラブの重さを感じながらスイングすることを前提としています。インパクトゾーンを長くするためにも、クラブの重さを感じながらスイングする感覚を覚えてください。

 

グリップの強さは、全力を10としたら、4~5くらいが目安になります。クラブヘッドを地面から浮かせたときに両方の手にクラブの重さを感じられる程度が目安になります。

 

コッキングは、一般的には左手首を親指側に折る縦コックが正しいとされていますが、一概にそうとはいえません。厳密には左手首の手の平側に多少折る横コックも加わりますので、あまりこだわらず自分のグリップの握り方に合わせてワッグルの感覚でテークバックしましょう。

 

クラブの重さに負けて自然に上がっていく方向がテークバックの理想な軌道となります。

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ