アプローチスイングを覚える

アプローチスイングを覚える記事一覧

アプローチスイングの覚え方

アプローチショットでは、キャリーが5ヤードなら5ヤードなりのスイング、10ヤードなら10ヤードなりのスイングをすることが大切ですが、多くのアベレージゴルファーは、10ヤードの距離に対して20ヤード飛ばすようなバックスイングを取り、インパクトを緩めたりスイングスピードを遅くする事で距離を合わせようとし...

≫続きを読む

体の使い方を覚えよう

小さい振り幅のアプローチスイングの場合は、肩を水平に回す感覚はいりません。テークバックで方を水平に回そうとすると、クラブヘッドがインサイドに低く上がり、右腰が引けて体重が左足に多く乗ってしまいます。アプローチスイングは、パットのストロークの延長のようなイメージになります。小さい振り幅で打つのですから...

≫続きを読む

正しいインパクトゾーンを作るには

よく、インパクトゾーンはインパクトを「長い直線とイメージしたもの」と表現されますが、実際にはスイングの軸を起点にした円運動の中でクラブヘッドが真っ直ぐに動くということです。インパクトゾーンをを平面で考えると、間違ったイメージを持ってしまうので注意してください。多くのアベレージゴルファーはクラブフェー...

≫続きを読む

クラブの重さを感じることで手の間隔を最大限に活かす

アプローチショットに臨む際、手首を完全に固めてノーコックで打つ人がかなり多いと思います。これも一つの方法として、否定しているわけではありません。しかし、コックを使うことでアプローチショットの精度をさらに高めることもできるため、両方の打ち方ができるのに越したことはないのです。ノーコックでアプローチを打...

≫続きを読む

テークバックの始動はテコの原理を利用する

テークバックの際、1番大切なポイントは、クラブヘッドが行きたがる方向に勝手にいかせることです。その動きを掴むためにワッグルショットで打つ練習も有効ですが、テークバックの始動の際にグリップエンドから動かす方法も有効です。グリップエンドから動かすと、グリッププレッシャーはそれほど強くなりませんし、リスト...

≫続きを読む

アプローチが苦手な人はサンドウェッジで練習を

アプローチではアプローチウェッジやピッチングを使うことが多いと思います。距離感を合わせやすいピッチ&ランが使えますし、ロフト角が少ないクラブのほうがバックスピンもかかりにくくランも出るため、ショートしやすいアマチュアゴルファーにとって使いやすいクラブといえます。サンドウェッジでのアプローチではロフト...

≫続きを読む







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,基本,上達

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ