ショートパット②|ゴルフ上達法

打つ強さをしっかりイメージしよう

ショートパットとはいえ、スライスやフックラインなどの曲がるラインはカップインのイメージが出にくくなります。

 

打つ前にどれくらい曲がるのかを正確に読まなければいけませんし、その方向に正確に打つ出す必要もあります。

 

まず、ライン読みに関してですが、ボールの近くで傾斜を観察するだけでは曲がり幅を読み切れないので、ボールおよびカップの後方で、しっかりラインが確認できるよう、ある程度距離をあけて見てみましょう。そして頭の中で曲がり幅をイメージし、グリーンをどう転がっていくかをイメージするのです。

 

同伴競技者のパットを見ておくことも大切です。同じラインでなくても、傾斜の向きが分かることもあるし、カップ周りでどう切れていくのか観察することも出来ます。

 

スライスラインはカップの左、フックラインはカップの右に打ち出すことになりますが、ポイントは打ち出す強さです。

 

アマチュアに多いミスはショートすること。これを防ぐには、どれくらいの強さでボールを打ちだすかしっかりイメージすることが大切です。

 

カップの先に目標を見つけるなど、なるべく打ち出す強さを具体的にイメージできる方法を探しておきましょう。

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ