ショートパット①

どうやってカップインさせるかを考える

カップから2メートル以内のショートパットは、出来ればカップインさせたいものです。アマチュアが普段プレーするコースでは、トーナメントに見られるような高速グリーンや急傾斜、複雑なラインは多くないので、基本的にはカップインさせるつもりで打つべきです。

 

 

ここで気を付けなければいけないのが、どうやってカップインさせるかを、よく考えることです。

 

ショートパットでは、入れに行くか合わせて行くかを決めてからパットすれば良いとよく言われますが、どちらにもそれなりにのリスクがあります。

 

入れにいくと、ラインを消すように打つことになるので、どうしても強めに打たなければなりません。上手く入ればいいのですが、はずすと返しのパットの距離が残り、短い距離から3パットする可能性があります。

 

反対に合わせに行くとショートしやすいというリスクがあります。特に下りのパットでショートすると、また下りのラインが残ることになり、嫌なイメージを引きずったまま打つことになります。また、左右に曲がるラインでショートすると、次のラインが読みにくくなります。

 

ショートパットも他のショットと同じ1打です。ジャストタッチでボールが転がるスピードをイメージして、残った距離を決めた方向に打つことだけに集中しましょう。

 

イメージ通りに打てれば、結果的にカップインするでしょうし、入らなければその原因をハッキリ把握しながら次に進めばいいのです。







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,基本,上達

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ