ミドルパット

2パットで上がることに全力を傾ける

ワンピンから5メートルくらいのミドルパットでは、2パットで上がることに全力を尽くしましょう。きちんとラインが読めれば方向性が大きく狂うことはありませんし、結果的に1パット圏内による確率が高くなります。

 

カップをターゲットにしても良いですが、2パットを前提にしてオーバーやショートを避けたいのであれば、カップを中心に半径50センチほどにターゲットを設定し、最悪でもその中にボールが止まるように打ちましょう。

 

傾斜によっても程度が変わりますが、スライスであれば、想定したターゲットの左半円から、フックは反対に右半円からターゲットに入れていく感じです。

 

残りのパットが50センチ以内であれば、ほぼノープレッシャーで打てると思いますが、それでも心配なのであれば、自分にとって打ちやすい2パット目が残るようにマネジメントしましょう。

 

上りのパットが好きなら、上りのラインが残るように、スライスが好きならスライスラインを残るようにするのです。

 

50センチのパットであれば、ラインがフックでもスライスでも、よほどの傾斜が無いかぎりはカップを外さずに打てるので、それほど神経質にならなくて済みます。

 

ただし、ファーストパットをミスするとカップまでの距離が残ってしまうので、緩みや打ちすぎに注意しましょう。

おすすめゴルフ教材

累計販売50,000部突破「ザ・ビジネスゾーン」著者


小原大二郎プロ監修7日間シングルプログラム


1年間100%全額返金保証





7日間シングルプログラム公式サイトへ









ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ