ウェッジは重た目を選ぼう|ゴルフ上達法

アプローチウェッジとサンドウェッジは重めを選択しよう

以前は、ウェッジはアイアンを買うときに同じメーカーの同じモデルで、アイアンの延長でバックにいれるのが一般的でした。

 

 

しかし、最近のアイアンセットは5番、もしくは6番からピッチングウェッジという組み合わせが多くなったのと、単品で売られるウェッジが豊富になっているためか、アイアンセットとは違うモデルのアプローチウェッジやサンドウェッジをキャディーバックに入れている人が多くなってきました。

 

 

アイアンセットと違うモデルのアプローチやサンドを単品で購入する際に、最初に吟味すべき要素はクラブの重さです。

 

 

まずは自分に合ったクラブを見つけて、その後でヘッド形状やバンス角などを見て、自分が求める性能のウェッジのヘッドを選ぶようにしましょう。

 

 

ヘッドの重量もクラブの重さに影響を与えますが、最も大きな影響はシャフトの重さで現れます。

 

 

アイアンセットとして作られたウェッジの場合は、シャフトも他のアイアンと同じ仕様になっていますが、単品モデルのほとんどがNSPRO-950GHといった90グラム台の軽量スチールシャフトか、120グラム台のダイナミックゴールドになっています。

 

 

単品のウェッジを購入するさい、ついつい使っているアイアンと同じシャフトのものを選んでしまいがちですが、フルショットをしないアプローチやサンドウェッジといったクラブは、アイアンのシャフトがダイナミックゴールドの人以外は使っているアイアンよりも思いシャフトがついたものを選ぶことをお勧めします。

 

 

クラブは重くなってクラブの慣性モーメントが大きくなるほどスイングの再現性が高くなり、インパクトが安定しやすくなります。

 

 

クラブの慣性モーメントというのは、クラブを振ったときに振りやすいか振りにくいかを表す数値で、クラブの慣性モーメント大きなクラブは、すなわち重たいクラブということになります。

 

 

クラブが重くなると、ある程度正しいバックスイングが出来れば、後はクラブの重さがスイング軌道を安定させるためにインパクトの位置が安定しやすくなります。

 

 

反対に、手先でも振れてしまうような軽いクラブでは、いくらバックススイングが正しく出来ても、ダウンスイングで手を使ってしまうので、インパクトが安定しにくくなってしまうのです。

 

 

特に、カーボンシャフト仕様のウェッジを使っていて、肝心な場面のアプローチでトップやダフリが多い人や、バンカーショットが上手く打てないような人は、ウェッジを重たいものに変えてみてください。

 

 

ウェッジが重たくなればインパクトが安定するだけではなく、バンカーの砂の抵抗にも強くなるので、ほとんど力を入れなくてもバンカーから脱出しやすくなります。

 

 

ただし、アイアンに比べて極端に重くしてしまうと、フルショットでクラブを振り抜くことが出来なくなってしまいます。

 

 

使っているアイアンが軽いカーボンシャフトならば、ウェッジのシャフトを軽量スチールにし、軽量シャフトを使っている人はワンランク重たいシャフトのものを使えば良いでしょう。

 

 

ピッチングウェッジは、他の2本のウェッジに比べフルショットする機会が多いので、アイアンセットと同じシャフトを使用すれば良いです。

おすすめゴルフスクール





ゴルフ上達法パーフェクトガイド



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ