ロフト以上の高い球を打ちたいときは

目線を上に上げ、ボールを左に寄せて構える

高いボールを打ちたい時には、まずボールを上げやすいアドレスを作るところから始まります。

 

例えば、目の前に越えなければならない障害物がある場合には、その頂点に視線を合わせてアドレスします。そうすれば自然に右肩より左肩が上がった、ボールを上げやすい構えになります。

 

ボールはドライバーと同様に、左カカト内側線上か、さらにボール1個分左に出して置きます。ボールを左へ置くのは、アッパー軌道でボールを捉えるためです。アッパーとまでは行かなくても、ヘッドが最下点から上がっていく軌道でボールをヒットすれば、ロフト以上に高いボールを打つことが出来ます。

 

ボールを左に置く関係から、構えはハンドファーストにはなりません。

 

手とシャフトの角度はほとんど垂直か、むしろボールよりも手が後ろにくるようになります。

 

アイアンであっても、この場合はドライバーに近い構えになります。

 

スタンスはいつもよりオープンにし、フェースはその分開いて目標にスクエアにセットします。そうすればさらにロフトが加わってボールを高く上げることが出来るのです。この時、肩と腰のラインは目標に対してスクエアになるように構えましょう。

 

スイングは肩のラインと平行軌道に、ヘッドを目標に向けて振っていきます。インパクトでは力を緩めず、左手グリップをしっかりさせて振り抜きます。そうすれば、強く高い球が打てます。







おすすめゴルフ教材

ゴルフ上達法,練習法

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ