インテンショナルフックの打ち方

スタンスだけをクローズにし、肩、腰、フェースはスクエアに

フックボールを打つ方法はいろいろありますが、単に左に曲がるだけでは、コントロールが効かずに実戦で使う事が出来ません。

 

実戦でインテンショナルボールを使うには、いかに曲がり幅をコントロールするかが重要になります。

 

理想的なフックボールは、目標の右に飛び出し、途中から左へ戻って目標を捉える弾道のボールで、このボールが打てるということは、ヘッドの芯でしっかりとボールを捉えられている証拠にもなります。

 

曲がり幅をコントロールしたインテンショナルフックを打つためには、アドレスで右足を少し後ろに引いて、アドレスをクローズにします。アドレスはクローズにしても、肩と腰のライン、フェースの向きは目標に対してスクエアに構えましょう。

 

ボールの曲げ幅は、アドレスをどれだけクローズにするかで調整します。当然右足を引けば引くほど、アドレスのクローズの度合いが大きくなり、同時にボールの曲がり幅も大きくなっていきます。

 

スイングは、クローズになっているスタンスに沿ってそのままクラブを振り抜いていきましょう。

 

また、球筋の高低はボールの置き位置によって調整します。低いフックを打ちたければボールを中に寄せ、反対に高いボールを打ちたければ左に寄せます。これはフックボールに限らず、全てのショットでの高低の調整法となります。

 

フックボールを打つ際に注意したいのが、残り距離に対するクラブ選択です。フックを打つ際には、残り距離に対していつもより1~2番手落としてクラブを選択しましょう。フック系の球筋は、普段のショットよりキャリーもランも出やすいので注意が必要です。

 

フックを打つための構えが出来たら、あとはいつも通りのスイングを心掛けてクラブをスタンスなりに振り抜きましょう。とくにリストを強く返したりする小細工は不要です。あくまでも、スイングはいつも通りを心掛けて下さい。

 

この方法でフックボールが打てるようになれば、リストを返したりなどの余計な動きをすることなく、フックボールが打てるようになります。

 

ある程度練習場などで球筋の感覚を掴んだら、実戦で試してみましょう。

 

また、スライスに悩んでいる人は、フックボールを打つ練習をしていけば、自然にスライスを解消することが出来るので、ぜひフックボールの練習をしてみることをおすすめします。







おすすめゴルフ教材

ゴルフ上達法,練習法

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ