スタイミーな状況からのアプローチ

ミスを想定してベストな方法を選択しよう

ゴルフスイング,基本,上達

アプローチではターゲットが絞られるので、スタイミーな状況が出現しやすくなります。

 

 

特に周囲を木で囲まれたグリーンではスタイミーになりやすく、そんな状況になった時はどうしてもピンの方向に打つにはどうすれば良いかと考えがちになりますが、直接狙うことが出来なければ、割り切ってターゲット設定を変えましょう。

 

 

どちらにしろグリーンに乗せられないのであれば、リスクが少ない選択をするべきです。

 

 

グリーンの花道にボールを出せればベストで、ピンまでバンカーなどのハザードがないのでランニングやピット&ランが使えます。

 

 

バンカーなどの障害がある地点にボールを出してしまうと、ボールを浮かせなければならず、ダフッたりトップなどのミスが出やすくなります。狙いすぎてバンカーに入れてしまえば状況はさらに悪化するでしょう。

 

 

ミスした時のことも考えてセーフティーな選択をするよう心掛けることが大切です。

おすすめゴルフ教材

累計販売50,000部突破「ザ・ビジネスゾーン」著者


小原大二郎プロ監修7日間シングルプログラム


1年間100%全額返金保証





7日間シングルプログラム公式サイトへ









ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ