カラーからのアプローチ

ウェッジの歯で打とう

グリーン周りのカラーは、芝が適度に刈り込まれているので、基本的にはパターを使ってアプローチをカップを狙ったアプローチを考えます。

 

 

問題なのがカップまでの距離が長い時で、経験や練習量が少ないゴルファーは、ストロークを大きくしすぎたり、パンチ気味に打つことに慣れていないので、かなりの確率で大きくショートしてしまいます。

 

 

これを防ぐのに効果的なのが、フェアウェイウッドを使うことです。ソールが広いフェアウェイウッドはカラーの上を滑りやすく、フェースの反発力もあるので、振り幅が小さくてもボールに勢いがつき転がってくれます。

 

 

この方法はカラーからのアプローチだけではなく、アンジュレーションのある花道からの寄席にも効果的です。

 

 

カラーとラフの境目に止まったボールもやっかいで、ボールはカラーの上にあるのに、ボールの右側がラフに寄りかかっているためテークバックが取れず、無理に打ったら寄らないだけでなく、打ち損なう危険性もあります。

 

 

こんな状況では、サンドウェッジの刃で打つことをお勧めします。歯をボールの赤道付近に当てるイメージでヘッドを浮かせて構えて打てば、テークバックでラフの抵抗を軽減できます。

おすすめゴルフ教材

累計販売50,000部突破「ザ・ビジネスゾーン」著者


小原大二郎プロ監修7日間シングルプログラム


1年間100%全額返金保証





7日間シングルプログラム公式サイトへ









ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ