ピンが手前や奥にあるバンカー

手前はオーバーめに、奥はランを使って寄せる

目の前に立っているピンを狙う場合には、飛ばさない打ち方が必要になります。フェースを思いっきり開き、バンスを使ってボールを真上に上げるようなイメージで打たなければなりませんが。

 

 

バンカーから出すのが精一杯という人にとっては非常に難しいテクニックになるので、ピンが手前にある場合にはデッドに狙わずにオーバーさせてOKです。はじめからグリーンセンターに落とすつもりで、結果的に1打で脱出できれば成功で、ボールがグリーンに止まれば大成功というつもりで臨みましょう。

 

 

アゴが高くなく、ピンまで距離がある場合にはランを使って寄せるのが基本になります。スピンがかかりすぎないよう、普通のアプローチのイメージでグリップを短く握ってボールを右足前に置き、直接ボールをヒットしていきましょう。

 

 

大切なのはグリーンを読むことです。できるだけピンに近づけるには、カップから自分に向かって逆にラインをイメージし、適当なランディングエリアを見出しましょう。結果的に寄ればOKという発想なので、「だいたいこの辺に落とす」といった感じで考えておき、そこをターゲットにしましょう。

 

 

こちらも脱出が最優先なので、ショートしてもオーバーしても構いませんが、オーバーした場合はボールの転がりを見ておけば、パットを打つ時のラインの参考になります。

おすすめゴルフ教材

累計販売50,000部突破「ザ・ビジネスゾーン」著者


小原大二郎プロ監修7日間シングルプログラム


1年間100%全額返金保証





7日間シングルプログラム公式サイトへ









ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ