打ち上げでのマネジメント

大き目に打って確実に乗せよう

ゴルフスイング,基本,上達

ここでは、ボールのライはフラットで、グリーンが自分の位置よりも高い状況、アップダウンの多いコースや砲台グリーンで良く遭遇するパターンのマネジメントを考えたいと思います。

 

 

この時にもっとも障害になるのが、打っていくグリーンの面が見えないことです。グリーンに近く、なおかつ高い打ち上げになると、グリーンの面どころかピンすら見えないこともよくあります。

 

 

ここでやっておきたいのは、まずはグリーンまで足を運んで、ピンの位置やアンジュレーションを観察し、ボールを落とすエリアまでの距離を割り出すことです。そしてボールまで戻りながら、打つ時に方向を合わせるための目印を見つけて下さい。

 

 

お勧めはグリーン奥にある木などですが、その方向に目印になるものがなさそうな時には、傾斜や頂上付近に見つけておきましょう。アドレスに入るまでキャディや同伴プレーヤーに方向を示してもらうのもお勧めです。

 

このような状況では、まずはグリーンに乗せることが先決なので、あまりピンを意識し過ぎないようにしましょう。特に手前にあるピンに寄せようと感じを出し過ぎると、インパクトで緩んでグリーンまで届かずに最悪戻ってくることもありますし、アゲインストでは風に押し戻される危険もあります。

 

 

安全第一で、奥までいっても構わないという気持ちで大き目に打ちましょう。

 

 

打ち上げがそれほど高くない場合には、ピッチングウェッジやショートアイアンなどで土手にキックさせる方法もあります。プロがよくやっている攻め方ですが、距離感がシビアなので、練習を積んでからチャレンジしてみて下さい。







おすすめゴルフ教材

ゴルフスイング,基本,上達

7日間シングルプログラム



ブログランキング参加中♪
応援よろしくお願いします♪

にほんブログ村 ゴルフブログ ゴルフ上達法へ
にほんブログ村


ゴルフ上達法パーフェクトガイド TOPへ